« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

家庭料理のちょぼちょぼ

月末日、今月も方々への支払いが滞りなくできたことを喜びながら、京丹波の黒豆甘納豆でお茶を一服。明日は「おついたち」、お赤飯の用意をせねば‥‥

最近つくった料理を載せておきます。ホントはほぼ毎日自炊してるけど、豆っぽいのしか写真に収めることを致しません。

Dscn4533黒千石大豆ご飯

長谷川清美さんのご著書「べにや長谷川商店の豆料理」P102に掲載されています。
「黒千石」とは、見た目はとっても小さな黒豆。黒い薄皮の内側は緑色をしています。お米と一緒にそのまま炊くと硬すぎてNG。炊く前によく「から煎り」しておくことがポイントです。
本の写真では、黒千石の黒い色が紫色っぽくご飯に色移りして、きれい。煎った大豆の香ばしさも、ご飯にほんのり移り香となって、いい感じです。
私のは紫色というより、なんとなく茶色っぽい?

Dscn4532とら豆入り ひじきペペロンチーニ

とら豆の試作を繰り返していたら、キッチンと冷蔵庫が、とら豆だらけになりました。何にでもとら豆をどしどし使って、早くはけさせようと、とりあえず合わせました。
ひじきペペロンチーニがおいしいので、とら豆に関係なく◎
お好みで、アンチョビーペーストを加えると、なお Good!


Dscn4677めぐりんさんの雑穀おかず

よくお邪魔する めぐりんさんのブログ「はと麦」の8月26日に掲載されていた料理です。
材料は見様見真似で、しめじ、オクラ、タマネギ、いなきび(辻本の親分からいただきもの)を使いました。「味付けは酢、味醂、醤油」とのことでしたが、あいにく味醂どころか日本酒さえも買い置きがなく、省略。
それでも美味しいと感じたのは、めぐりんパワーと親分熱のおかげ?

奈良と言えば・・・

(奈良の旅報告3日目) 奈良と言えば、何だろう?

豆パン屋 アポロ」さん探検のあと、訪ねた世界遺産2つ。豆はほとんど出て来ないのだけど、記念に書いてもいいですか?

Cimg0657Cimg0661Dscn4592豆パンのたっぷり入った袋を下げて、向かうは薬師寺。近鉄西ノ京駅で下車するとすぐ近くに、立派な塔が見えています。

左は東塔、真ん中は西塔。この2つの塔は、右の写真のように金堂の両側に立っていて、なかなか1つの画像には収まりきれません。おじちゃんカメラマンがいっぱいでした。

肝心の薬師如来像や日光菩薩、月光菩薩は「撮影禁止」につき、photo はありません。

Cimg0664Cimg0665薬師寺には、誰でも体験可能な「お写経道場」があります。次回はぜひ‥‥

薬師寺の門を出ると、すぐのお店で「名物・鹿の糞」を売っていました。「鹿の糞」って、食べたことありますか? チョコレートがけしたピーナツか大豆だと思うのですが、とりあえず後回しにして、ここでは「冷やしあめ」をいただきました。

甘いですよぉ〜。甘党のノドがやられるくらい、ノドと鼻腔が蜜蝋地獄に墜ちるくらい超甘。滅多にモノを残さない私がギブ・アップする甘さでした。


Cimg0667そして、東大寺へ。
近鉄 奈良駅下車すると、「これ、だ〜れだ?」

せっかくなので2ショットをお願いし‥‥ 賛否両論の成れの果ても、観光客にとっては可愛い坊やにしか見えません。

Dscn4608Cimg0684Cimg0679東大寺はですねぇ‥‥

せっかくでしたが、時間切れでした。

行けるところのどん詰まりまで歩いていくと、鹿さんたちがび〜っしり! 人慣れして、近寄ってくるのです。

Cimg0692Cimg0700東大寺の門や参道はとても大きくて、夕陽のしずむ様も見事で、しかし、用心しないと「黒い粒」を践みそうで‥‥

鹿って、歩きながらポロポロッ・・・ と出すんです。それって、ほわ〜んと温そうで、うっかり践んだら靴底にニュニャ〜っとなりそうで‥‥
そんなことを考えておりましたら、「名物 鹿の糞」なる豆菓子を買う心境には至りませんでした。よって、鹿の糞のお写真もありません。

以上お粗末ながら、奈良の旅報告にございました <完>

「豆パン屋 アポロ」探検 その2

奈良県大和郡山市にある「豆パン屋 アポロ」さんを訪ねました。ここから先は、昨日の続きです。

Dscn4587Dscn4580第1ラウンドで買ったパン

一体、お前の胃袋はいくつあるんだ‥‥ というくらいたくさん、調べておいた名前のパンをトレイにとって、レジで梅スカッシュもお願いして、お勘定は締めて1,791円でした。

午後2時は回っていたと思います。テイクアウトのパンを買い求める人々が、引っ切りなし。アポロは、町の人気者パン屋さん (o^-^o)

Dscn4581_2Dscn4582Dscn4583Dscn4584記憶にある限り‥‥

◎バナナとクルミのケーキ‥‥集合写真の右上のパウンドケーキ。すごく相性良しの組み合わせ。
◎ひよこ豆カレー(パン)‥‥集合写真の右下のパン。カレーも絶品でした。
◎赤ワインとうずら豆ドーナツ‥‥集合写真の次、ジュースの横。うずら豆のパンは遠軽町以来!
◎黒豆きなこワッサン‥‥ジュースの次の写真、ザリガニみたいな形がキュート。さくさく香ばしい。
◎フライ THE モンキー‥‥ザリガニ横の小判型の揚げパン。緑豆+バナナ+ココナッツ、キャ〜
◎玄米と黒豆(パン)‥‥ザリガニ横のまん丸と、その隣の割った写真。食事パンにGood!


第2ラウンド 持ち帰り用に買ったパン
ナーン 焼きそばパン あんこの入ったデニッシュ系のパン バナナとココナッツの入ったドーナツ‥‥(詳しいパンの紹介は、アポロさんのHPにて

ふつうのパン屋さんとアポロさんの違うところ・・・
ふつうのパン屋さんで使う豆は、小豆、手亡豆、青えんどう、くらいです。
ちょっと気の利いたパン屋さんですと、ひよこ豆やレッドキドニー、黒豆、枝豆なども使われます。
アポロさんは、その気の利いたパン屋さんプラス、うずら豆、大豆、緑豆なども使われています。

その上、アポロさんほどたくさんの「豆パン」を製造販売するパン屋さんを、私はほかに知りません。
昨日も書いたけど、アポロさんのホームページ、手づくり感あふれる とってもやさしい味が伝わってきます。ご主人・征四郎さんのつくるパンとおんなじやさしさが‥‥

全国の豆好きさん、パン好きさん、大和郡山の「豆パン屋 アポロ」さんへGO!
あ、でも、9月2日(水)までは夏休みです。ご用心。

Dscn4585右は奥さまのアキエさん。接客と企画担当。アポロの本もアキエさん作ですよね。

真ん中が“おっちゃん”こと、大淵征四郎さん。
1966年6月生まれ。福岡市早良区出身!!(偶然です・オドロキ)
朝の8時焼き上がりに間に合わせるため、午前3時前から仕込みをしているそうです。。。

豆パン屋 アポロ 〒639-1132 奈良県大和郡山市高田口町40-4
TEL 0743-52-8106 営業 8時から18時くらい 定休日 毎週水曜日と第1・3日曜日

「豆パン屋 アポロ」探検 その1

1道1都2府43県、タテ長ニッポンの中で、行ったことのない県ってどれくらいあります? 私は、上から山形・秋田・新潟・富山・三重・和歌山・奈良・高知‥‥ ということで、今回の豆な探検の目的地は奈良県に決めました。

「奈良」「豆」で無造作にネット検索し、行き着いたのが「豆パン屋 アポロ」さんです。ホームページを見ていたら、この店を訪ねなければならない気がしてきました。
「ここに行けば、何かある」、見ず知らずの初めての土地へ、何のアポイントもとらず、ただパンを買いに行く。無謀と言えば無謀でしょうが、フリーライターの勘というか、強く導かれるものがありました。

Dscn4567降り立ったのは、近鉄線の大和郡山駅。

アポロさんのHPにあった地図を頼りに、いざ!
「これで大丈夫かいな???」と不安になりながらも、昭和の町並・商店街を遠足のような気分で歩いて行くと‥‥


Dscn4568Dscn4572Dscn4571源九郎稲荷神社の表示を発見‥‥

「きっと、源九郎さんという超男前な人が祀られたお稲荷さんに違いない。男前さんに、商売繁盛のお願いを‥‥」と脇道に入ったら、奈良にも町家がありました。


Dscn4577地図では本来、徒歩10分の道のりを、およそ25分くらい彷徨って、アポロさん発見!

恋しい御方と初めてお逢いするときのように、満面の笑みを称え「こ〜んにちは〜!」と入って行くと‥‥ ホームページで見たお顔の職人さんが、ガラス張りの工房でパンをこしらえておいででした。
パンの棚の向こうにはイートインスペースが。先客がおられたから、はやる気持ちを抑え、はしゃぎ過ぎないように、大人しく、もの静かにと努めました。

Dscn4580_2さて、ここからいよいよ「豆パン」の話しが始まります。

店内で食べたパンのこと、お店の方々との語らい、第2ラウンドのお買い物‥‥、カフェスペースに置かれた手づくりの本のこと‥‥、

豆パン屋 アポロ  〜 To be continue 〜

空寂と「三色お豆のタルト」

8月の豆探検、せっかくなので京都贔屓の観光客が訪れるような場にも行ってみることにしました。

Img_0426Img_0413_2詩仙堂にて
強い陽射しに照らされながら訪ねたのは、こんなところ。お山の上にあって涼しいのです。建物内に入ってすぐ「空寂」なる文字が心にとまりました。

空寂【くうじゃく】①万物は皆実体がなく空であるということ。 ②ひっそりと寂しいさま。 とあります。これは戻って調べた意味です。

そこに身を置くと、人がいるのに静かなのです。水音、風のざわめき、獅子おどし、蝉の声、樹木と光と濃い影とYのエネルギー。「ここには宇宙がある」、宇宙と自分が融合するつなぎ目なのだと感じました。

心おだやかに、一寸の波風もない状態、そんなベストな心もちで向かうは‥‥ 豆なスィーツのお店です。

Dscn4616Dscn4620左)絹ごし緑茶ティラミス
右)でっち羊かん

ティラミスのトップに豆4粒。小豆、黒豆、うぐいす豆、‥‥あと1つは何豆だったのでしょう? ふんわりソフトな緑茶スポンジにのるフロマージュブラン、絶品ですね。
でっち羊かんは、江戸時代から伝わる一乗寺銘菓だとか。「でっちでも買える羊かん」は、正直なところ、すみません、虎屋の羊羹の利き羊羹ができる私には、不向きな気が致しました。


Img_0453一乗寺中谷さんは、詩仙堂への登り口右側にあります。

1,000円でおつりがくるランチにも、実は興味があったけど、残念ながらおなかいっぱい夢いっぱいで、注文できず。
代わりに自分へのお土産に、3日ほど日持ちがする「三色お豆のタルト(1,050円)」を選びました。


Dscn4653Dscn4665三色お豆のタルト

見た目以上に美味しいです。タルトと名乗りつつ、タルト台の上には、スィートポテトを連想させる生地がのっています。アーモンドプードルと白餡を薄力粉、バターを混ぜて焼いた、いい感じのお味です。京みやげに喜ばれる一品ではないでしょうか。

見えていなかったもの

その日、私には四条河原町(京都)のAというバーに行く用事がありました。
「そうだ、錦市場を通って行こう!」錦市場は、食材の玉手箱です。豆を扱うお店もあるはずだ‥‥と。


Cimg0618豆腐ドーナツ(たしか10個 300円?)を頬張る

地下鉄の駅を上がった大丸側から錦市場へGO! 焼きイカや天ぷらいろいろにそそられながら、最初に手を出したのは豆腐ドーナツ。
ここにこの店があることは、ずっと前から知っていたのに、豆腐ドーナツを口にするのは初めて。アチッ! 揚げたてです。ふっくら、ふんわり、ほのかに甘い‥‥ 1、2、3‥‥スイスイ入ります。

錦市場の両側には、豆を扱う店が何軒もありました。ホント、何軒も‥‥
その多くが「北海道産」と「丹波産」の表示を掲げていました。京都でも北海道は人気なのですね!

Dscn4541Dscn4543数ある豆屋さんの中で、今回立ち寄ったのは「京・丹波ぶどう黒豆」を扱う「黒豆茶庵 北尾」さんです。150年近い歴史のあるお店で、黒豆に力を注いでおられます。

棚に並ぶ黒豆の豆菓子‥‥ すごいなぁ、こんなにいろいろあるんだ。おいしそう。これってアリ? え、どんな味がするの? レジのところにちゃんと試食品が用意されていました。

Cimg0623Dscn4542Dscn4544商品の面白さに加え、パッケージがとってもキュート。
「京都みやげに最適ね」と、渡す先も考えず「買い」です。

お勘定を済ませ、従業員さんに断って写真を撮らせていただきました。
老舗の店頭に、旧めかしさは一切ありません。黒豆と豆を大切にする堂々とした自信のようなものが感じられました。

店の奥にはイートインのスペースが設けられた「京都的うなぎの寝床」な店構え。奥へ奥へ、次々に観光客が吸い込まれていきます。次回は私も‥‥

錦市場のどん詰まり、錦天満宮のあたりまでキョロキョロ進んでいたら、いままで気付かなかった豆の店が何軒も目に入りました。市場と豆って、似合うと思いませんか?


Dscn4670Dscn4671北尾さんで購入した豆製品

左)黒豆きな粉の京あられ「ぽりぽり」と、京・丹波ぶどう黒豆の「豆しぼり」
行き先宛クイズの当選者さまには、この京都みやげのどちらか、お好きなほうを進呈しま〜す♪(当選されたお二人さま、早い者勝ちですよ)

右)新丹波黒の「黒豆ジャム」と「ぽりぽり」
まだ食べてないけど、実はこの「黒豆ジャム/270g入 662円」に興味津々です。

8月の豆な探検 ダイジェスト

♪キツイ旅だぜ〜、お前にわかるかい と矢沢永吉はライヴでいつもシャウトしておりますが、私の旅は決してキツイ旅ではございません。

豆と豆料理を訪ねて月に1度、全国を旅する。そう決めたの。
8月の風が、私を招いたところは‥‥ 明日から探検記を始めます。今日のところはダイジェストでお楽しみください。


Dscn4623Dscn4616Dscn4542Dscn4577_2Dscn4620Dscn45408月の豆な探検で食べたもの 一例


Cimg0643Cimg0623Dscn4571Dscn4584Img_0442_2Cimg0665Img_0447探検の様子と、旅の途中


行き先あてクイズ☆これらの写真を見て、どこに行ったかわかった方はコメントを入れてください。
当選者の中から、先着1名様に「8月の豆な探検みやげ」をお送り致しま〜す sun

紫花豆のグラッセ

紫花豆を使って試作中です。

茹で立ての紫花豆をひとつ、口に運んでみたら‥‥ なんだか栗みたい!

そこで、マロングラッセみたいにしてみようと思い立ち、ninoちゃんに夜中に電話してノウハウを教わりました。

程よく茹でた紫花豆を1:1のシロップに浸し、そこにグラニュー糖を足して‥‥ 甘~いシロップにしました。製菓用のブランデーをドボドボッ‥‥

S_dscn4538_2ほっほっほ、完成です!

おいしいかも‥‥ しれませんよ。

特別な方へのプレゼントに‥‥ 喜んでいただけるでしょうか?

神さま、仏さま、ア~メン!

変化の時には、立ち止まらないこと

ライターのNちゃんと、福岡市大名のうら本で食事をしました。

200908191344422009081913531320090819141825携帯電話で撮った写真につき、あまり美しい画像ではありませんが、右端は私が豆なデザートのコーディネートをさせていただいた「緑豆の冷やしぜんざいと わらび餅」です。
デザートの内容決め、器さがし、メニュー用のPOP作成、手づくりキットのコーディネートを担当しました。

このデザートが食べられるのは8月いっぱいで、9月からまた新しい「豆なデザート」が登場します。お持ち帰り用の手づくりキットは、もう少し先まで販売されるとのこと。あ〜、よかった。

お盆前からずっと、次の豆なデザートのことを考えています。もう決まってないと、来月からの入れ替えに間に合いません。試作を何度もやって、総料理長にプレゼンを2回してきました。この分野は、まだ慣れない仕事ゆえ、プレゼン前夜は試作を繰り返して眠れなかったり‥‥
総料理長は「改善ありのOK」をくださっても、豆好きな私が納得しないと、それをお店のデザートとしてお客さまに出すことがためらわれます。よって、2回目のプレゼンとなりました。

いつもズボラな私ですが、仕事はきっと誰よりもクドイです。とことん根をつめます。こんな女、大嫌いと思うけど、仕事師としてはこれで良いと思っています。


先ほど、ある方に電話をしました。1分46秒の短い会話の中で、
「世の中が速いスピードで変化してるよね。変化の時は立ち止まるな。立ち止まったら振り落とされる。変化といっしょに動いていけば、振り落とされることはない。立ち止まったらいかんぜ」と。

相変わらず、カッコいいなぁ。私はこれまで、この方の言葉にどれくらい影響を受けてきたことか‥‥。参加費1万円の講演を聴いたくらい、背筋がピンとしました。

私、がんばるよ。

もやしに「ホットもやしソース」

ある日の夕方、何だかとってもラーメンが食べたくなって、入ったのは「一風堂 大名本店」。

福岡の人が「ラーメン」と言うとき、それは「とんこつラーメン」の「とんこつ」が省略されています。それくらい福岡〜博多では「とんこつラーメン」がポピュラーなのです。

一風堂 大名本店で、その日のチョイスは「白丸元味」でした。おいしく食べて、お勘定の際に見つけたのは一風堂の「ホットもやしソース」400円。

好きなんですよ、一風堂の「辛子もやし/略して 辛モ」が‥‥。ラーメンを待つ間に小皿に1杯。ラーメンがきたら、トッピングに入れたりもします。その「辛モの素」が売っている! これは迷わず「買い!」です。


Dscn4508Dscn4513ホットもやしソースを使って、即席 辛モの完成

もやしを10秒茹でて、ホットもやしソースをからめるだけで、とっても簡単にできました。ピリッと辛くて、ふむふむ、いい感じ。1本で6回分くらい使えると書かれていました。
さすれば‥‥30円で買った緑豆もやしより、ソースのほうが高いということですね!? いいの、いいの、おいしかったら(o^-^o) このソース、大名本店の近くのジョーキュウ醤油さんでつくられているみたいです。

8月20日は、一風堂コレクション 高崎店がオープンする日。
高崎市って、群馬県にあるんですね〜♪ 商売繁盛をお祈りします。

紅大豆の味噌を使って

昨年12月に仕込んでおいた3つ目の味噌、山形県川西町の「紅大豆」を使った味噌を最近ようやく使い始めました。800g の大豆と、800g のこうじ、400g の塩を使った味噌は、たいそうな量になりましたが、日に日に順調に減っています。

Dscn4504Dscn45092リットルくらい入る容器につくった味噌は、小分けして使います。

紅大豆の味噌を使って、オクラと絹ごし豆腐の味噌汁をつくりました。仕上げに、高砂屋の「つきたて すり胡麻」をかけたら、マイ★フェイバリットな味の完成です。

この具の組み合わせも好きですし、南関あげを使う味噌汁にも、紅大豆味噌の味わいはよく合います。味噌から手づくりした味噌汁って、割烹着をつけて姉さんかぶりをしたニッポンのお母さんの象徴みたいでしょ!? これで、かまどのある家に住んでたら尚よろしい‥‥?


「のどかさんは、豆以外のものも食べていますか?」と、めぐりんさんにご心配をおかけしているようなので、豆以外の料理も載せておきます。

Dscn4511_2
北海道遠軽町で買ってきた「ほたて御飯の素」缶詰を使って

帆立ごはん。お米を洗って、ほたて缶の汁と水を分量まで入れて炊き、蒸らしのときに具材を加えます。この缶詰と「とりごぼう飯の素」缶詰を遠軽町の木楽館で買ってきていました。

豆の写真家・伊藤美由紀さんの「はなうたキッチン」写真展を見に行った日に、伊藤さん直々に「これ、おいしいのよ」と教えていただいた炊き込みご飯の缶詰です。


Dscn4507さばとなすの香り漬け

6月にサンマーク出版から発刊された「ヤマギワ流 100円おかずレシピ」の本(P46)にあるレシピです。山際千津枝先生が、節約料理研究家の名で出されたレシピ本。使いたい食材があって「コレ、なんにしよう?」と思ったとき、活用させていただいてます。

昨夜のお題は「八女産の茄子」。茄子の素揚げと、衣を着けたサバを揚げたものを、酢+醤油+出汁=1:1:1に擦りおろした生姜を加え、唐辛子1本入れた汁に浸します。

「100円おかずレシピ」に合うように、唐津で獲れたという半身98円のサバを使いました。

豆・豆料理探検家は探検に出ない日、つつましく健やかに暮らしています delicious

ハッピ〜♪バ〜スデ〜

今日はチチの誕生日です。
チチが豆なブログを読むことは、おそらくないと思いますが、いつもハハのことばかり書いているので、たまにはチチ登場で〜す。


Dscn4491Dscn4481お宮の前の畑で

野菜を収穫するなら朝がいい。
というわけでチチを誘って畑に行くと、すでにモロッコインゲンは盛りを過ぎて、そろそろ終わりがけの様相でした。
終いのインゲンから小さいの、曲がったの、チチがちぎってくれました。私は‥‥撮影係です。

Dscn4499黒大豆

モロッコインゲンの代わりに育ちつつあったのが、黒大豆です。
豆の葉っぱの形は似てるけど、モロッコインゲンの花が白かったのに対し、黒大豆の花は、すみれ色をしていました。

アゲハ蝶が、近くをひらひら飛んでいました。


Dscn4471Dscn4473ピーマンをちぎる父

豆はしょぼかったけど、ほかの野菜はまだ大丈夫。
赤くなったピーマンと緑色のピーマンをちぎってもらいました。

元大工のチチの手は、ごついです。
私のデカイ手は、チチに似たのかなぁ‥‥

Dscn4486Dscn4478Dscn4487オクラ

オクラの花を見たことありますか?
うすい黄色の花が、なんだかとてもかわいいの。

オクラが空を向いてはえるって、ご存知でしたか?
ピョンピョンとぜ〜んぶ上向きで、なんだか元気な男の子みたい (^-^;

Dscn4490収穫量は、この3倍

オクラ、ピーマン、茄子、モロッコインゲン、たくさんちぎってもらい、お米とともにもらって来ました。

うら若き乙女の頃は、物を贈ったり、何かをしてあげたりすることがプレゼントのように思っていたけど、いまはこうしてチチに何かをしてもらうことで親孝行の真似事をしています。

チチとハハは、私が持ち帰った豆を4種類くらい育てています。黒大豆と白小豆と黒小豆が実る頃、また収穫してもらいに帰らなくっちゃ (o^-^o)

豆な器

Dscn4456無印良品で見つけて、思わず買ってしまったガラスの器。税込 350円

だってね、名前が「豆鉢」っていうんです。「涼しげな質感の厚手ガラス食器です。サラダやデザートなど、夏の食卓にどうぞ」と説明書きがついています。
無印さん、豆鉢には豆を入れなくては‥‥ ふふふ。私は既に豆の器として使っていますよ〜♪

写真の豆鉢の中に入っているのは、ガラスの金魚鉢。ビー玉くらいの小ささの金魚鉢に、金魚がちゃ〜んと泳いでおります。

Dscn4466_2ガラスでできたチビっ子たち

この金魚ほかは、札幌のminori さんからのいただきものです。実は私はもう1本、アメブロに「nodoka 〜 きもの はじめ」なるブログを書いておりまして、アメブロつながりの友人がminori さんです。

Dscn4461Dscn4465_2豆なグラス

写真をチョンとして、よ〜く見てください。薄く繊細なガラスのコップに白い模様入りです。「豆が伸びていく姿に似てるなあと思って選びました」というグラスです♥
「大切な人と冷えたビールでも‥‥」とのメッセージも添えられています。今日のところは、水出し玉露とアイスコーヒーを注いで、ひとりでゴクゴク‥‥ あ〜、おいし。

minori さんの勤務先は、札幌・円山にあるガラス細工やガラス器のお店です。この前訪ねたとき、無意識に選んだガラス器は、minori さんいわく「まるで豆のツルがお空に伸びていくような」ものばかりでした。

Dscn4457Dscn4458Dscn4460_2左から、アイスや豆デザートを盛り付けたい 足つきのガラス小鉢、蔓がくるくるくるりんなそば猪口(いただきもの)とガラスのコップ

豆な器、いつの日か、嫁入り道具にできるかな‥‥?

似たものどうし

べにや長谷川商店の「豆料理」の本から、ビルマ豆を使ったレシピに挑戦してみました。

Dscn4413_2Dscn4429_2べにや長谷川商店の豆料理 P83

ビルマ豆の味噌ソースペンネ

材料は茹でたビルマ豆とペンネ、しめじ、薄切りの玉ネギを使います。最初にニンニクをオリーブオイルで炒めて、玉ネギとしめじを加え、味噌で煮たらビルマ豆とペンネを加える手順です。

ペンネが入るのを味噌と醤油で味付けするんですよ!
意外でした。とても日本人好みのパスタに仕上がります。これだったら、田舎のチチだって喜びそうです。
長谷川清美さんはエライ!


ついでに、もう1品

Dscn4426Dscn4431とら豆入りのサラダ

とら豆を消費したい事情がありまして‥‥
冷蔵庫と相談して、こんなサラダをつくりました。茹でたとら豆とキュウリ、チーズを使っています。レモン汁+塩コショウのシンプルな味付けです。バジルはベランダにあるのをちぎりました。

出来上がって気付いたのです。
「ビルマ豆」と「とら豆」って、ちょっと似てます。写真は乾燥状態の比較ですが、茹でるととら豆の色がにごるので、もっと似てきます。

しか〜し、ビルマ豆にもっとそっくりな豆があるんですよ♪
それは近々ご覧に入れることにして、今宵の晩ごはんは何をつくろうかなぁ‥‥

お赤飯まんじゅう

「高砂屋」の豆菓子が急に欲しくなり、久留米まで行かずとも買える「大丸・福岡天神」のデパ地下へ。
「粉ふき黒糖そら豆」と「生姜そら豆」を買い求めて、デパ地下探検をしていると‥‥ こんなものを見つけました。


Dscn4424Dscn4425お赤飯まんじゅう 179円

お箸で割った断面を右に載せましたが、わかりにくい?
まんじゅうをお赤飯で包んだ「あんころおはぎ」みたいな感じです。もちもち餅米のお赤飯と、小豆のアンコ入り薄皮まんじゅうの相性は‥‥?

とっても美味しい! と絶賛するには至りませんが、こんなのもアリね、くらいの印象でした。塩味がちゃんとついてて、小豆ではなく「北海道産ささげ」が使われています。
気遣いヨ〜シ! な「お赤飯まんじゅう」。製造元は「米八西日本 おこわ米八」さんです。

私個人としては、商品名に「お」を付さないほうがよろしいかと‥‥。

赤飯まんじゅうを食べていたら、檀一雄さんの「まんじゅう茶漬け」談を思い出しました。能古島(のこのしま)に行きた〜い。

マメラボでは

水浸けしておいた豆を、お昼間から煮てみました。金時豆と虎豆です。


Dscn4417Dscn4418左の写真は水浸けしたばかりの豆。右は半日くらい戻した状態の豆。

金時豆の色が、水浸けしているとずいぶん落ちるのです。水もうっすら赤く染まり、煮る前に捨てようか、この水で煮ようかと迷います。
虎豆の虎もよう、水浸けしたばかりのときは可愛いですね。時間がたつと可愛さ半減‥‥

今日使った豆は「北海道産大正金時(磨き)」と、同じく「北海道産 とら豆」です。なんだかね、北海道産と書いてあるだけで、親戚で穫れた豆みたいな気がします。北海道の皆さ〜ん、大好き!


Dscn4422Dscn4421左は金時豆、右は虎豆

気分よく原稿を書きながら、豆をグツグツぐつぐつ煮ていたら‥‥ 金時豆が煮くずれしてしまいました。あ〜あ。ちょっと今日の豆は、煮くずれしてもらっては困るのです。
仕方がないので再度水浸けをして、今また煮ているところ。

金時豆+虎豆の行く末や、いかに?

よくばり鯛やき

月に1度のお出かけ、8月もちゃ〜んと行って来ました。
お出かけのときのお楽しみは、甘太郎の鯛やきです。今日のはコレ。

20090809165213よくばり鯛やき 150円

何がどう欲張りかというと‥‥ 中に小豆のアンコと豆乳クリームが入っています。中身が2つあるというのが欲張りの要素。欲張りもこれくらいなら可愛いもんよ。

ほかのアンコに比べ、2種類入れても価格を上げていません。そこのところがエライと思いました。
「よくばり鯛やき」来月も売ってるかなぁ‥‥ ついでに、福引きは5等が当たったよ。

「ビルマ豆」って、知ってる?

Dscn4413Dscn4282左「べにや長谷川商店の豆料理」1,680円
右「ビルマ豆」450円

先月の北海道・豆旅の余韻は今も続いています。北海道で買った豆は「ビルマ豆」「中長うずら」「前川金時」の3種類。どれも在来種の豆で、私にとって初めての豆です。

長谷川清美さんの「豆の本」に掲載されている豆料理を、ちょっとずつ、つくり始めました。
豆の本によるとビルマ豆は「むかし小豆が不作だった年、小豆のかわりに餡の材料に使われたといわれています。比較的収量もあり、ご飯といっしょに炊くビルマ豆ご飯は北海道の郷土食です。煮ても色が落ちないうえ、煮汁もあまりにごらないので、ご飯のほか煮込み料理、スープ、スパゲッティなどいろいろな料理に広く使えます。あっさり味」と書かれています。

Dscn4289ビルマ豆ご飯(豆の本 P100掲載のレシピ)

ビルマ豆はいんげん豆の仲間で、その昔、ビルマから伝わった豆だからこの名がついたような話しを遠軽町で聞きました。比較的、小粒な豆です。一般的な大豆より、ちょい小さめ。
ビルマ豆ご飯に使う「きび」は、辻本の親分からちょうだいした「いなきび」を使いました。

九州には馴染みのないタイプの豆ご飯です。おいしいばい。
ビルマ豆レシピでつくってみたいもう一品は、ビルマ豆の味噌ソースペンネ(P83掲載)です。

Dscn4268貝豆とマッシュポテトのサラダ(P90掲載)

買い置きしていた貝豆のレシピを見つけて、すぐに試してみました。茹でた貝豆とじゃがいも、玉ねぎスライス、塩、コショウ。レモン汁とオリーブオイル、梅肉で和えます。

ほほぅ、梅肉ですか‥‥ 豆さえあれば手軽にできるレシピです。貝豆、ふつうでは手に入りにくいので、とら豆などで代用してもいいかと思います。


なんだかね、気になるレシピがいっぱい載っているんですよ。一人だと料理のテンションが下がります‥‥。どなた様か、試食係に立候補してくださ〜い。

仙太郎の水羊羹「竹の水」

とってもステキなお土産をいただきました。

Dscn4405Dscn4406京都・下京・寺町「仙太郎」の水羊羹

私にとって初めての和菓子です。
「丹波神吉の氷室の純水で晒してできた水羊羹。炊きたてを、伐りたての青竹に流し込みました」としおりに書かれています。

な〜んかね、なめらかさが違うんですよ。上等のさらし餡に、竹の移り香がかすかに感じられます。竹のお背中にピンで穴を開け、ス〜ッと出てきたときは、感動もの‥‥ 豪華6本入りでした。


Dscn4389ココナッツミルクプリンに水羊羹を添えて

邪道っぽい? 白丸に小豆丸のもようがかわいいでしょう? たいへん美味しくいただきました。ごちそうさまです。

ようやく福岡に夏らしさが戻ってきました。
夜になって雨が降り出し、けっこう強く降っています。

空から豆が降ってきた!

Dscn4345Dscn4366_2Dscn4368_2赤いの
白いの
緑の…

見上げた空から、大粒豆が降ってきた(ように私には見えた)

撮 影:のどか
カメラ:NIKON COOLPIX P5000
    三脚がなかったので手持ちで撮りました。
    ちょい手ぶれ‥‥

Dscn4371Dscn4372Dscn4376_2

十勝にて〜豆の選別と磨き

食の月刊誌「dancyu」の2009年5月号、P163〜167に「村上農場」のジャガイモの話しが掲載されています。北海道探検中、私はその農場にも立ち寄らせていただき、バーベキューをご馳走になりました。
これもすべて、辻本の親分の為せるワザ。感謝、感謝でございます。

そこで、本来なら寒冷地に寝かせた「越冬ジャガイモ」のおいしさを書くべきなのでしょうが、すみません、数種のジャガイモも焼かれていたけど、やっぱり私の興味の対象は豆でした。

Dscn4193これは、金時豆。

北海道十勝産の大正金時ではなかったかと‥‥ 収穫して莢(さや=カラ)を外した状態の金時豆です。
割れた豆や、皮に傷がついたような豆も、まだ混じった状態です。

Dscn4199選り分けた金時豆

商品として出荷するために、豆を選別します。割れた豆や、皮に傷がついたような豆をはじいていきます。
農場主の奥さまである村上智華さんによると「村上農場では、人の目で豆の選別をします。豆を選り分ける基準は、“自分が買ったとき、その豆が入っていたらイヤかどうか”、自分がイヤだと思うような豆は入れないようにしています。私が選別すると、どうしても外す豆が多くなってしまいます」。

選別で外された豆は、捨てるのではなく「もったいない豆」の名でB品扱いにて安価に販売されるところもあるそうです。

Dscn4194豆を磨く

さて、選別で良品とされた豆も、そのままでは商品になりません。「磨き」の手間が加えられます。

天日干ししたあと、トウミなる農具を使って莢を外す作業をすると、どうしても豆自体に小さなホコリや泥が着くのだとか。前から「農家直売の豆って、なんで汚れてるんだろう?」と思ってた私の疑問はここで一気に解決。

村上農場では、豆を磨く作業を手作業でされています。タオル生地の袋に豆を入れ、人の手で文字通り「磨く」作業がおこなわれています。私もやらせていただいたけど、これはたいへん時間のかかる作業です。機械を使って磨くことをしているところも多いそうです。

Dscn4195磨いた後と、磨く前

写真をチョンとして大きくして見比べてください。右側が磨く前の金時豆、左側が手磨きした金時豆。
ね、磨いた豆は輝いているでしょう。豆はこんなふうに磨いて商品化されているのだと初めて知りました。感動です!

Dscn4197Dscn4200茶色貝豆? と栗いんげん

村上農場では「紫花豆」や「中長うずら」など7〜8種類の豆を育てて販売されています。ジャガイモを寝かせる巨大倉庫の奥に、次シーズンのタネになるかもしれない豆が眠っていました。
「茶色貝豆かな?」と話しておられた豆は、「貝豆が時を経て変色したものかも?」という話しも‥‥。北海道には、私の知らない豆がまだまだたくさん眠っています。

あぁ、豆の王国・北海道!

北海道〜豆な食べ物(2)

北海道遠軽町は、在来種の豆のふるさと。家で採れたジャガイモやキュウリ、トマトを使うように、ご近所さんに分けるように、お店で売るように、豆がフツウの顔して台所に根付いています。

もっと写真を撮っておけばよかった、と悔やんでみても後の祭り。記録した豆料理の写真と思い出の器などを掲載します。


Dscn4203Dscn4209Dscn4210左から「黒豆ごはん」「しょうゆ豆」「豆サラダ」

「黒豆ごはん」は、お赤飯の小豆を黒豆に替えて炊かれたのだと思います。持ってくれたのは、しのちゃんです。
「しょうゆ豆」は、香川県の名産品です。1日ホームステイでお世話になった山田家には、沖縄や四国など全国各地から、おいしい物が届きます。
「豆サラダ」は、マリネにしておいた豆を生野菜のトッピングに。ざくっと混ぜ、食べるとき取り分けて、マリネ液をドレッシングにいただきます。黒豆、大豆、ひよこ豆、青えんどう、白花豆などが入っていました。

Dscn4214Dscn4250左は「豆なパン」、右はズラリと並んだ山田家の朝ごはん

豆なパンは、どこのお店のだろう・・・? 金時豆のパン、きな粉パン、もう一つは?
山田家の食卓には、いつもたくさんの料理が並びます。つくるのは、山田のお母さんことカズコさん。豆は食感が残るようにやや固めに料理するそうで、とっても私好みのほどよい食感でした。
山田のお母さん、夜・朝・昼と3食ごちそうさまでした。


Dscn4252_2辻本の親分お手製「十六ささげ入りネギ味噌和え」

長谷川家の夕べに差し入れされた料理です。「十六ささげ」とは、お赤飯などに用いられる「ささげ豆」の一種で、一鞘(ひとさや)に16粒の豆が入っていることから、その名がついたとか。無農薬栽培のネギは、生で食べても甘くておいしいの。ネギと十六ささげと白ごまと‥‥ 遠軽の郷土料理です。


<Special な日常>

Dscn4219Dscn4221_2山田家の玄関と勝手口

作者は山田家のお嬢さん、アキコさんです。アキコさんは、しのちゃんのお母さん。ちょうど長野からお里帰りをしておられました。

山田家のあちこちに、アキコさんの作品が並んでいます。

Dscn4215Dscn4211アキコさん作の器

料理が盛られていた器も、取り皿も鉢も、み〜んなアキコさんのつくられた器です。喉から手が出そうなくらい欲しかったけど、今は制作休眠中(子育て中)につき、作品は売られていないそうです。。。
アキコさんが復帰されたら、欲しいなぁ、アキコさんの器‥‥。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »