« 北海道の豆な博物館/ビーンズ邸(写真入り) | トップページ | 北海道〜豆な食べ物(1) »

北海道の豆な博物館 ビーンズ邸 その2

先日に引き続き、北海道のビーンズ邸報告 その2を掲載します。
ビーンズ邸にご一緒させていただいた辻本宜子さん(親分)のブログにも、辻本さんや豆子ちゃんのお顔入りで、わかりやすく紹介されています。

写真をふんだんに掲載します。興味のあるところは、写真をチョンとして大きくして見てください。

Dscn4075Dscn4161豆資料館・ビーンズ邸

玄関アプローチ横、ビーンズさんの畑には、ちゃ〜んと豆が育っています。この豆は、なんだろう? 畝はナニ豆? ビニールハウスには?


Dscn4103Dscn4106Dscn4109ビーンズさんのリビングを抜け、渡り廊下の続きに豆資料館が‥‥

左の写真は実際に豆の商いをされていた方の店の看板です。高そうな、もしかすると既に絶版になっていそうな豆の本や、豆に関する報告資料等が展示されています。


Dscn4104Dscn4149Dscn4148左は、むかし豆を計り売りしていた頃の升

写真・中は、おそらく豆を選別していた容器ではないかと‥‥ 右は、かつてステンシルみたいにして豆粒の大きさを表示したそうです。

Dscn4111_2Dscn4151Dscn4155何だかわかります?

左は豆をまく道具。人が背中かおなかに背負って豆(タネ)をまいたのだと思います。真ん中の写真は豆を農家から買い入れするとき、大きさを調べた道具。右は抜き取り検査に使った道具(予想)。

Dscn4158資料館の様子

むかしの豆づくり人が着ていたであろう男前な法被、その他道具類が多数展示されています。さすが、豆の王国・北海道を代表する豆どころ、十勝。豆づくりの歴史も、しっかり勉強できますよ。

もしかすると、私の実家の小屋の2階に似たような道具が残っているかも‥‥


Dscn4092Dscn4115_2Dscn4129_2豆の花が壁面に掲示されています。その他資料にも、豆ネタがいろいろ‥‥

Dscn4098Dscn4119Dscn4117毎月、料理教室や工作教室など楽しいイベントも開催されています。
料理教室のレシピ・バックナンバーをいただいて帰ることも可能です。‥‥全種類いただいちゃいました。

Dscn4130Dscn4116Dscn4139左は、そら豆クッションを抱く私

真ん中のうちわ、手づくりですよ。招き猫がついてて、大豆のパラパラがついてて、下の棒を回すとパタパタパタ・・・♪ めぐりんさんが、泣いて喜びそう。

右は豆な絵本のオンパレード。こんな絵本を読んであげたら、よい子と良い大人が育ちますよ‥‥


はぁ〜。最後まで見てくださって、ありがとうございます。まるで、小学生の社会科見学でつくった見学の記録みたいに力を入れてしまいました。

北海道中札内村の豆な資料館、ビーンズ邸は、豆好きにとって「おとぎの国」「たまて箱」のようなところ。これで、ナマのビーンズさんが居てくれたら‥‥ ますます騒いで、たいへんなことに‥‥

どなた様も、ハネムーンで北海道を訪問される際は、ルートにビーンズ邸もお忘れなく♡

ビーンズ邸/中札内村豆資料館
北海道中札内村大通南7-14 道の駅「なかさつない」に隣接
TEL 0155-68-3390 10:00〜17:00 4月〜10月は無休

« 北海道の豆な博物館/ビーンズ邸(写真入り) | トップページ | 北海道〜豆な食べ物(1) »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

豆子ちゃん、こんにちは。

豆子ちゃんはファーマーもやってるんですね。うらやましい!
いろいろな豆が育っていく様子を、まるで子育てのように慈しんでいらっしゃるんですね。いいなぁ‥‥

福岡でそら豆を育てると、アブラムシだらけになりました。北海道は九州より温度が低いから、ムシがつきにくい?

福岡にもビーンズ邸のような豆城ができたらいいな。出張所とか、いりませんか?

辻本さま

こんばんは〜。1泊2日の帯広&遠軽の旅、駆け足でギュギュッと中身の濃い2日間でした。
将来、豆を仕事にして食べていけるようになったら、遠軽を起点に北海道を1週間くらい探検して回りたいです。

豆の王国・北海道 バンザイ!

ふみこさま

コメントありがとうございます。

これまで経験したことのない北海道、豆旅でした。
ビーンズ邸は、私のイチ押しSPOTになりました。
旭山動物園とセットで、ツアーにしてもいいくらいステキなところですよ。

めぐりんさま

そら豆クッションを抱く私、豆服を着たセクシーな女に見えません?
パタパタうちわ、こんなの子どもたちとつくりたいな〜。まず子を産むところから‥‥ っと、その前に相手を見つけるところから‥‥
と〜っても時間がかかりそう (*^-^)

2回にわたってのブログありがとうございます!
雨降りでしたので、ご案内はしなかったのですが、ハウスの中は、落花生、丹波の黒大豆、さつまいも2苗です。落花生とさつまいもは、お互い害虫予防になるので、植えています。そして、苗のあまりが、外の畑の畝に植えました。畝の奥が、かぼちゃです。小豆と一緒に煮たいとこ煮を作る目的で作りました。今日は、美味しいかぼちゃをならすために、余分なつるを切る作業をハチさんと戦いながらやっていました。
育てて食べることの大変さ、食べることの大切さを身に感じますね。

すっきり晴れない毎日でも、花をたくさんつけているお豆さんたち、観光されているお客様たちを笑顔にします。
そして、資料館でゆっくり時をすごされていきます。

のどかさんのブログをとおして、もっとたくさんのお客様に資料館を知っていただければ嬉しいです。

今度は、ゆっくりきてください。まだまだ、見るところはたくさんありますよ~!!

 北海道の豆の博物館ビーンズ邸、すごいですね。写真がいっぱいあったからよく分りました。
 ビーンズ邸を建てられた方は、子供の心を失わない夢多き御主人なのですね。お留守で残念でしたね。
 「赤毛のアン」の世界だなんて、もう、たまらないですね。
 そんな素晴らしいところに行けたのどかさんがうらやましいです!!
 でも、居ながらにして博物館を見ることができたのはのどかさんのおかげね。
 ありがとう。感謝します。

のどかさんがクッションを抱く姿がクッションに見えません(笑)豆が好きすぎて内臓が豆になったみたいに見えるぅ~体中豆にまみれてる♪幸せそうぅ~本当に羨ましいなぁ。私もきっとテンション上がりまくりそう。北海道って桁違いの豆の王国ですね。ウチワのパタパタ大好きです。多分強く回しすぎて壊してしまうくらい夢中になりそうです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/30751207

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の豆な博物館 ビーンズ邸 その2:

« 北海道の豆な博物館/ビーンズ邸(写真入り) | トップページ | 北海道〜豆な食べ物(1) »