« 前世は同じ莢(さや)の中? | トップページ | 呉、そして広島 »

御堂筋の豆なお店

「御堂筋」、九州の人間からすると、「あぁ、大阪〜」な響きの土地に、その店はありました。あとから思い出したのですが、私がこの店を知ったキッカケは、イングデザイン事務所(福岡市・高宮)の長勝也先生を通してでした。
長先生、ご無沙汰を致しております。。。

その店とは「Beans Cafe Nuts DOM」です。
西島有紀店長が、店に着くや否や、温かく出迎えてくださいました。

お店の1Fは食材としての豆と、豆菓子、豆ギフト、豆のアイスなどを展示販売されています。
2Fはカフェ。豆なディスプレイの数々に奇声を発する私と、共に目を輝かすめぐりんさん。

Dscn3691Dscn3688豆を使ったポップなディスプレイ

「売り物だったら、買いたい」と思ったディスプレイがいくつかありました。もっといっぱい撮っておけば良かった。めぐりんさんのブログ「はと麦」には、この店の違った紹介が出てるはずです。

その、めぐりんさんとの初ごはんは「ビーンズ・デリ」900円でした。まるでラブラブのカップルが、そうするように、異なるいろいろをチョイスして、私たちは仲よく「もやい(八女弁・いっしょに分け合ってのような意味)」で食べました。

Dscn3683ビーンズ・デリ

豆のスープ 豆サラダ 大豆ごはん 3種の豆トマト煮込み。めぐりんさんは、白い豆のスープと豆カレーをチョイス。

ひよこ豆や大豆、紫花豆など知っている豆が可愛く登場。その時、思い出せなかったひよこ豆ともう1つのカレーの豆は、ムングダルではないかと思います。

Dscn3693黒豆ジェラート+フレーバーコーヒー(アーモンド)580円

店の1Fと2Fのレジ横で、気になっていたスィーツから「黒豆ジェラート」をチョイス。さっぱりして、食べやすいジェラートでした。何より、めぐりんさんと同じ器のジェラートを、もやいで食べたのが So Happy !

食事を終え、帰る前にお買い物。旅のスタートにつき、気になりながらも厳選3品だけ購入。

Dscn3728Dscn3729左の写真(右上から)ミックスシード・小 200円 御堂ぎんなん・小 250円 クリスマスライマビーン 680円

乾燥豆の「クリスマスライマビーン」、これまで見たことも聞いたこともない豆でした。何にするのがおいしいか、後日、研究せねば‥‥。

そして、

Dscn3731ナッツダムでいただいた豆を紹介する「いろいろ」

広告上がり、編集者&ライター&販促アドバイザーの私にとって、もう一つの興味は「人に伝えるツール」です。西島店長、ありがとうございます。イング・スピリッツを感じる販促物、勉強させていただきます。

大阪に住んでいたら、何度もこの店に通っていると思います。豆好きにとって、外せないお店です。

Nuts DOM 大阪市中央区淡路町4-2-16
TEL 06-6221-1717 http://www.nutsdom.com

« 前世は同じ莢(さや)の中? | トップページ | 呉、そして広島 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

めぐりんさま

エントリー、ありがとうございます。
待ちます、待ちます。

クリスマスライマビーン・メニューが10月までに
できたら、クリスマス・マンスには間に合います。

めぐりん&のどかコラボ料理(菓子?)として
売り出すことも可能です。ふふふ。
楽しい予感がしてきました。

了解です♪でもちょっとお時間くださいねぇ~エントリーします☆

めぐりんさま
クリスマスライマビーン、私の予想でいくと、クリスマス料理みたいなのに合うからそんな名がついたのではないかと思います。
クリスマスみたいな料理・・・七面鳥とか? 骨付きチキンとか? トナカイの角と炒め物にするとか? ケーキに仕込むとか? う〜ん・・・
2人で、クリスマスライマビーン料理コンテストをしませんか?


辻本さま
ナッツダムさんの前身は、1905年創業の「まめ新」という豆屋さんのようです。100年以上続く豆屋さんというだけで、畏敬の念を覚えます。
大阪御堂筋、北御堂の近くです。機会があれば、お出かけください。ディスプレイもステキでした。

のどかさん、素敵なお店のご紹介ありがとうございます。豆に関してこんなに素敵なお店があるのですね。いつか、私もこんなお店が出来たらいいのにな・・と思ってしまいました。ゆっくり、お話が聞けるのを楽しみにしています。

流石のどかさま!!私はお話に夢中になり過ぎてらんちの内容をきっちり覚えてない有様です。クリスマスライマビーンってどうすると美味しいのか私も今から楽しみです。多分来週には取り掛かれるのでは・・・って感じです。どんなのが出来るでしょうかぁ??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/30350878

この記事へのトラックバック一覧です: 御堂筋の豆なお店:

« 前世は同じ莢(さや)の中? | トップページ | 呉、そして広島 »