« 豆畑拓男さんのビーンズ邸 | トップページ | 北海道の豆な博物館/ビーンズ邸(写真入り) »

遠軽(えんがる)町の豆と、豆を愛する人々

北海道紋別郡遠軽(えんがる)町に行きました。
丹野工業の辻本ご夫妻のスペシャルな計らいで、夢のような2日間を過ごさせていただきました。

十勝のビーンズ邸を探検し、上士幌町の村上農場でバーベキュー&豆談義、
遠軽町の山田邸に1day ホームステイ、
オホーツク海にボチャンと足を浸し、シークレットビーチで揺れる吊り橋に興じたあと、木楽館で開催中の「はなうたキッチン」伊藤美由紀さんの写真展へ、
「ふぁーらいと」にて「べにや長谷川商店の豆料理」を出版されたばかりの長谷川清美さんとの会食後、

そのご両親「べにや長谷川商店」長谷川清繁ご夫妻、「Mame-Hico」の井川啓央さんにお会いし、
出版記念の夕べで、遠軽町の豆生産者の方々とふれあいのひととき・・・

在来種の豆をよみがえらせ育てている遠軽町は、すばらしいところです。
雪深い土地で力を合わせ、心かよわせながら豆を育てているから、あんなに夫婦仲の良いご夫婦が多いのだと思います。

豆と人の温もりがいっぱいの遠軽町、きっとまた訪れる日がくると思います。
ありがとう、遠軽の人たち。ありがとう辻本宜子さん。


*それでは、北海道最終日を満喫します。たくさん撮った写真は、明日以降に公開します。お楽しみに

« 豆畑拓男さんのビーンズ邸 | トップページ | 北海道の豆な博物館/ビーンズ邸(写真入り) »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

めぐりんさま

こんばんは。ちかさんが、ご主人さまのことを「トモユキさん」と何度も呼ばれていたお声が今も耳に残っています。
トモユキさんは、とってもやさしそうな農場主でしたよ。あんな方のそばであれば、百姓も楽しくやれそうです。

めぐりんさん、連れ立って村上農場に出稼ぎに行きましょうか? 動機不純で断られるかなぁ・・・

辻本さま

じゃがいもと豆、どちらも北海道が世界に誇るお宝ですね。
羽田の玉さまにも、いつの日かお目にかかれたらいいなと思います。
辻本さんの念力で、会わせてくださ〜い。

凄いですネェ。。。ちかさんにも逢われたのですね。ちかさんの旦那さまにまだお逢いしていなにのに密かに憧れてる私です(笑)村上農場さんにも行かれて長谷川さんにも逢われたのですね~羨ましいなぁ☆でも私が行けないんですもんね。飛行機に乗らないから。それにしても辻本さん物凄く色々と連れてってくださったのですね。

のどかさん、玉ちゃん、本当に不思議なご縁で結びつきました。自給自足生活になった時に芋しかないと先日お話を聞きました。そして豆は、日本人になくてはならない醤油、味噌、豆腐、納豆の原料です。これからも普及を続けて行きましょうね。

羽田の玉さま

こんばんは。昨夕、北海道から戻りました。
土日は辻本さんとご一緒させていただき、並々ならぬ恩恵を賜りました。

辻本さんいわく「のどかさんのブログを知ったのは、羽田の玉ちゃんのブログから」とのこと。
ご縁をつくっていただきましたこと、心より感謝しています。玉さま、ありがとうございます。

北海道へ行かれたのですか。
いいなぁ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/30714001

この記事へのトラックバック一覧です: 遠軽(えんがる)町の豆と、豆を愛する人々:

« 豆畑拓男さんのビーンズ邸 | トップページ | 北海道の豆な博物館/ビーンズ邸(写真入り) »