« 豆なデザートの器 | トップページ | 豆な手づくりキット開発中 »

ご先祖さまの遺した土地で

帰郷してみると、何やら両親がうれしそう。もしかすると、見せびらかす機会を待ってたのかも‥‥

Dscn4010お宮の前の畑にて

前に預けていたのです。タネを。
「お母さん、これ、植えとって。白小豆と黒小豆、生えてきたら教えてね」と。無邪気なもんです。育てるのは親で、娘は写真を撮るだけ。

だって、マメラボのベランダでいくらプランターで育てても、うまく育たないんですもん‥‥

Dscn4008Dscn4009写真左が「宮古島産 黒小豆」で、右が預けてもいない「黒大豆」。

黒小豆は、食用としていただいた豆が芽を出したもの。偉いですねぇ、ちゃんと芽を出して。
とすると、これは「F1」ではない豆ですね。「F1とは一代雑種とも言われ、在来種のように子孫を残す事ができない品種の事です。高度成長時代に大量生産の為に作られ、現在では多くの作物がF1品種になってます」と、遠軽町の辻本さんに教わりました。

黒小豆は、心なしか虫食いのあとが見えました。


Dscn4014お宮の向こうの畑(近土)に育つ「北海道産 白小豆」

こっちの畑は風が強いから、茎がしっかりしています。がんばれー、白小豆。

豆探検のついでに。お宮の向こうの畑に併設して、小さな田んぼがあります。

Dscn4013先月、父の日に植えた稲が、ほら、こんなにしっかりと育っていました。私は3時間でギブアップしたけど、続きはほかの人たちがやってくれて‥‥ よかったぁ。

お宮の向こうまで行く途中の、よその田んぼにいました↓

Dscn4018Dscn4017Dscn4016写真左 稲とあぜ道の間に遊ぶジャンボタニシども  写真中 ジャンボタニシ  右のピンク色 ジャンボタニシの卵

ジャンボタニシの卵って、見たことありますか? 鮮やかなピンク色の粒ツブ、これからあの黒っぽいカラのジャンボタニシが生まれるとは‥‥

この田の持ち主が、このまま放置すると、おそらくお宮の向こうの田んぼに移ってくるのは時間の問題。父はイヤだろうなぁ‥‥ ジャンボタニシが、白小豆まで食い荒らしませんように。

« 豆なデザートの器 | トップページ | 豆な手づくりキット開発中 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

☆辻本さま

おはようございます。
さすが遠軽、真夏にストーブですか!?
日本てホント、縦長なんですね。
そろそろ準備を整えなくては‥‥ です。

☆めぐりんさま

ぐっも〜にん、レディ!
ジャンボタニシ、何も知らない人が見たら、きれいなピンクの粒ツブにしか見えませんよね。
あのポップな色合いがクセものです。
フランスのそら豆(着色された)の色と似てるでしょう!

福岡、まだ梅雨が続いているみたい‥‥

ジャンボタニシの卵 去年はと麦の畑で(熊本県)で見てびっくりした事を覚えています。ガムが張り付いてるのかと思ったのです(笑)ジャンボタニシって豆ちゃんも食べるのですね。どうか元気に育ちますように・・・(=´Д`=)ゞ

のどかさん、ご両親の深い愛が見えますね~!!愛情一杯、自然も一杯ですね。オホーツクは、今日も寒くてストーブをつけました。本当ですよ・・防寒対策は、十分にして来て下さいね。風邪引きますよ~。そして、私の紹介ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/30617554

この記事へのトラックバック一覧です: ご先祖さまの遺した土地で:

« 豆なデザートの器 | トップページ | 豆な手づくりキット開発中 »