« 上久のれん市で、味噌すくい | トップページ | カンタンが、いいみたい »

まだら お赤飯

15日、朝。

朝になって今日が15日だと気付いても、朝ごはんにお赤飯は間に合いません。仕方なく、お昼ごはんにすることに‥‥。スッピンの缶詰で原稿を書いているマメ・ラボで、お赤飯を炊きました。

前回、おついたちのチャレンジで、甘納豆ごはんをつくったら大NG。
よって本日は、アカネダイナゴンのお赤飯です。


Dscn3312マメラボのお昼ごはん

1ヶ月ぶりに炊いたお赤飯はタイトルでお察しのとおり、まだら模様のお赤飯になってしまいました。理由はダイナゴンの煮汁で炊くはずのごはんを、水を使って炊いたから。
煮汁は使わないと錯覚して、飲んじゃったのです。あずき茶みたいに‥‥

そしたら、かたよった色気のお赤飯になっちゃったというわけです。は〜ン


Dscn3313晩ごはん用の「まだら お赤飯」

上手にできていたら、人様に差し入れするのですが‥‥
そもそも、お赤飯は神さまへのお供え物のはずです。神さまは心が広い? まだら模様でも大目にみてくださるかなぁ?

神さま、5月の後半も朗らかに仕事ができますように。
温かく見守ってください。
そしてどうやら、明日もゴールデン・ルールにのっとった料理になりそうな気配でございます。

お赤飯の上手な炊き方は、こちらをご参照ください。


« 上久のれん市で、味噌すくい | トップページ | カンタンが、いいみたい »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

佐藤淳子さま

おはようございます。
甘納豆の入ったお赤飯のことは、つい最近知りました。
知り得た情報の範囲で、5月初めに自分でもやってみました。

ご指摘をいただきました「薬膳料理研究家」の表記は、
5月21日記載の本文から外させていただきました。

ブログ読ませて頂きました。
お赤飯(おこわ)の簡単な作り方があります。
出来上がりは 本格的に作ったのと殆ど変わらないほど。
今作成中の『基本のレシピⅡ』に入れますのでご期待下さい。
尚、北海道には甘納豆の入ったお赤飯があるのをご存知かしら?
また 私はまだまだ 薬膳料理研究家を名乗れるほどの者ではありませんので、肩書きから抜いて下さるようお願い致します。
 

めぐりんさん、こんばんは。

お赤飯、アカネダイナゴンを使い終わったら、一度フンパツして
国産の「ささげ」を買ってみようと思っています。
中国産は安いけど、国産のささげは、100gで1,000円くらい
するんですよね‥‥

お赤飯、炊きましょう〜 ♪

のどかさま飲んじゃったのですね(笑)私も小豆茶めちゃくちゃ好きなんですよぉ~美味しいですよねぇ。でもとっても美味しそうですよぉ。赤飯大好き♪私もまた炊こうかなぁ~(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/29627832

この記事へのトラックバック一覧です: まだら お赤飯:

« 上久のれん市で、味噌すくい | トップページ | カンタンが、いいみたい »