« Nおじさんの そら豆 | トップページ | ちょっとマメ »

豆はタネなり

ご近所のMちゃんから、3度目のメールが届きました。


Pandaコレ、なんだか、わかります?

こたえは‥‥ パンダ豆の苗です。

Mちゃんがマメラボに来たとき、豆いろいろの中から、珍しい豆の代表みたいに乾燥状態の「パンダ豆」を見せたら、すご〜く興味を持ってくれて、「じゃあ、植える?」と何粒か、あげたのです。

*パンダ豆をご存じない方のために、本年4月12日の豆なブログ「パンダに竹の子」にリンクを貼っておきます。


Azukiこちらは、小豆の新芽だそうです。

小豆は赤いの、白いの、黒いのを植えてみようと思っていて、タネをまく時期を待っていたら、Mちゃんはもう、植えてくれたようです。

すごいなぁ〜。
パンダ豆、北海道の辻本さんが送ってくださったものです。
いつも、どんな豆も、全部使うのではなく、勉強のために豆の袋に5〜6粒くらいずつ残しています。その豆が、Mちゃんのプランターに育っているのです。

あまりの発芽率の良さと成長の早さに、Mちゃんも私も驚いています。

豆って、偉いでしょ。食べたら5〜6粒では腹の足しにもならないけど、タネにしたらたくさんの実をつけてくれます。
生のものは腐るけど、充分発育して乾燥させたものは、いくつもの季節を越えることができます。北海道から福岡に来ることもできるし、イタリアやフランスから福岡に来ることも‥‥

食糧自給率がうんぬんと、政治家さんやお役人さんたちは言っていますけど、ベランダ菜園が日本国中に当たり前のように普及したら、自給率もCO2問題も、少しは緩和されないでしょうか。
植物を育てるのは楽しいし、子どもの理科の勉強にも役立ちます。

マスクが店頭から姿を消す勢いで人々が気を向けたら、ベランダ菜園も一瞬で広がるように思います。

Mちゃんちのパンダ豆と小豆ちゃん、すくすく元気に育ちますように。

« Nおじさんの そら豆 | トップページ | ちょっとマメ »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

辻本さま

こんにちは。今日は豆まきの日ですね。
豆まきというと、どうしても「鬼は外」を連想しがちですが、
豆は「種まき」ではなく、「豆まき」というんだなと
辻本さんからのコメントを読みながら思いました。

シカクマメを蒔いて少したちますが、なかなか芽が出ません。
南の豆は北の豆より時間がかかるようです。

めぐりんさま

こんにちは。土曜の朝を満喫されてるご様子で、
めぐりん家におしかけ朝ごはんに潜入したい。

パンダ豆と似た豆で、貝豆を取り寄せました。
近々なにかつくってアップしま〜す。

のどかさん、ご紹介ありがとうございます。パンダ豆は、ネーミングも可愛いので子供達にも人気があります。昨年は、幼稚園でも植えました。明日、まだ植えてない豆の豆まきをします。平たい青大豆・・超美味しいので、今年も植えます。

パンダ豆って可愛いし♪美味しいし大好きです。個性的なお豆ですよね。それにしても元気に発芽していますねぇ~☆これからの生育が楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/29852227

この記事へのトラックバック一覧です: 豆はタネなり:

« Nおじさんの そら豆 | トップページ | ちょっとマメ »