« パンダ豆のデザート | トップページ | 忘れんぼ対策 »

納豆ふ〜わふわ

毎月届く雑誌「dancyu」の5月号、81ページに掲載されていた「銀座 矢部の納豆うどん」が、あまりにも美味しそうで、真似してみたくなりました。

Dscn3068真似しんぼ 納豆うどん

「うどんの上に納豆、おかか、海苔、卵がきれいに並んだ姿は〜」でトッピング判明。海苔の代わりに岩手の細切り昆布をのせ、ついでにそら豆も飾りました。
選んだ納豆は京都の「鶴の子納豆本舗」さんの「鶴の子大粒なっとう」です。鶴の子とは大豆の品種からとった名前でしょうか? 丸大豆(国産)としか表示はありません。

銀座 矢部さんの冷やしうどんは、目の前で混ぜてくださるパフォーマンス付きで1,500円するそうです。自分でも、気持ちを込めて混ぜるのだけど、dancyuの写真のようにきめ細やかな泡状納豆にはならんのですよ。
(・_・)

混ぜたあとの姿は、あまりにも悲惨で写真掲載は控えます。
卵の黄身と納豆のネバネバは、どうにも水分不足。なんで矢部さんのは、あんなにフワフワなんだろう???

一晩考えて「もしかすると‥‥?」と試したのは、卵の白身。昨晩は加えずにおいた白身の存在が、フワフワの秘訣のような気がしました。


Dscn3071_2昆布納豆

これが正解かどうかはわかりませんが、なんとなくフワフワしてるでしょう (*^.^*)
納豆1パックに卵の白身を1個の1/3量くらい加え、50回、100回くらい混ぜました。昆布と納豆の間に鰹節を敷いています。これにポン酢をかけて、さっぱりと。梅酢ドレッシングだったら、なお美味しかったかも‥‥

納豆ふ〜わふわ、の謎が解けてなんだかスッキリ。でも、いつか銀座の矢部さんにパフォーマンス付き1,500円の納豆うどんを食べに行きた〜い、です。

「泡立ちの細やかさを出すため一定方向に混ぜると、納豆にぐっと力が出てくる」と店主・矢部久雄さんがおっしゃったとか。

« パンダ豆のデザート | トップページ | 忘れんぼ対策 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

辻本さま

こんにちは。今日の福岡は曇っています。そちらはいかがですか?
青平豆、私の使っているのは岩手県産です。青平豆は穀物屋で買っていますが、
しばらく入らないようなことをお聞きしました。残念‥‥

青平豆を塩茹でして、大根おろしをたっぷりのせ、梅ドレッシングを
かけて食べるのが好きです。生で食べたことは、まだないです。
入荷してるのを見かけたら試してみますね。

のどかさんの使っている青平豆は、私の作っている青平豆と同じものなのか興味があります。生で食べても乾燥後も美味しいですよ・・・これ、本当です。

辻本さま

こんばんは〜。大豆にいろんな種類があることは知ってても、実際に
使ったのは「フクユタカ」「ツルノコ」だけかも‥‥?
黒大豆、青大豆、紅大豆、青平豆など、私の場合は品種より色買い
している気がします。
お店の食品売場で、豆のところをジ〜っと見ているアヤシい女で〜す。

大豆には色々種類があって主なものには「フクユタカ」「エンレイ」「タマホマレ」「スズユタカ」こららが作付けの5割だそうです。「ツルノコ」は他の大豆より値段が高いです。確か村上農場さんで作っているのも「ツルノコ」だったような・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/29121507

この記事へのトラックバック一覧です: 納豆ふ〜わふわ:

« パンダ豆のデザート | トップページ | 忘れんぼ対策 »