« 定番に変わる日 | トップページ | ファーベは春の使者 »

ふかふかのベッド

Dscn3167_2そら豆くんと ふかふかのベッド

もしも私にパソコンを使いこなす能力があったら、この写真を400%まで大きくして皆さまにご覧に入れたい。できないので、写真をチョンとして大きくして見てください。

昨年10月19日に植えた「ファ〜ベ」を収穫しました。
「ファ〜ベ」は私が付けた愛称で、正式にはファーベ(フランスのそら豆)です。

Dscn3164収穫したばかりのファーベ(筆記具は大きさ比較用)

2本の莢(さや)は、長いのが19cm、短いのは16cmでした。
中を切り開けると‥‥ ほぅら、ふかふかのベッドにとても愛らしく眠っています。豆からヘソの緒みたいなのも出ていて、莢につながっています。それぞれ3つ子でした。
白いスポンジのようなうぶ毛に包まれて、それはそれは気持ちよさそう。

そこで、大いなる疑問!

Dscn1702Dscn1699ファーベの種袋と中身

フランスのそら豆は、ジャンボタニシみたいなピンク色をしていました。
でも、マメラボで育ったファ〜ベは‥‥み・ど・り・色?

え、どうしてピンクじゃないんだろう? フランスは外国だから?


というわけで、私にファーベの種をくださった「星の王子さま」こと王子さまに問い合わせしてみたのです。すると、さすが王子さまは何でもご存知で、謎が判明しました。

なんと、フランスでは種をカラスなどに食べられないように着色するそうです。だからピンク色をしていたのですね!?

マカロンのカラフルな色合いを、いかにもおフランス文化だと感じておりましたら、おフランス文化は野菜の種にも反映されているようです。


Dscn3175そら豆くんが主役の晩ごはん
茹でそら豆
鮭フライとカリフラワーの甘酢かけ

そら豆くんは、粒子がなめらかでマッシュポテトみたいな食感でした。いつも食べている店売りのそら豆より、皮も薄くてやわらか。白ワインと共に、収穫の喜びを存分に味わいました。

« 定番に変わる日 | トップページ | ファーベは春の使者 »

たまには専門的な話を」カテゴリの記事

コメント

Nさん、こんばんは。コメントをありがとうございます。

この前グリーンピースのてんぷらをしようと思い、近所の八百屋で
購入しましたところ、豆の大きさが不揃いで断念。莢ごと300gは
豆だけですと70gくらいしかありませんでした。
グリーンピースは、やっぱしエルロクかボンラパスか百貨店で
買わないと、無理みたいです。
自家製のそら豆は収穫量が少ないため、フライ用は店で買ってきて
試してみます。いつも、旬な情報をありがとうございます。

めぐりんさん、こんばんは。

フランスで豆をピンク色に塗るのは、おそらく収穫〜乾燥後のことと
思われます。莢から出さないと着色は不可能でしょう・・・
それにしても、あの鮮やかピンク、合成着色料の色としか思えない。
カラスもいやがる色なんですね〜 w(゚o゚)w

まめシーズン到来!旬のグリーンピースてんぷら、食べてくださいね。これは、言ったか分かりませんが、手間がかかりますが、空豆のフライは最高ですよ!ジャンボタニシは感動しました。happy01

のどかさまぁ~お久しぶりです!!私 復活しております☆本当に有難うございます。フランスのピンクのお豆・・・私も一瞬びっくりしましたが着色してるんですねぇ・・どの辺りで着色するんでしょうか??豆が出来てから塗るのかな??←知識無さ過ぎでごめんなさい(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/29321785

この記事へのトラックバック一覧です: ふかふかのベッド:

» ガラスペンって? [ガラスペンに魅せられて]
20世紀初頭に、日本の風鈴職人である佐々木定次郎氏によって考案されたガラスのペン先に端を発していて、ペン先のガラス側面の溝にインクを補充することで頻繁にインクを補充することなく書けることを特徴とした筆記具です。金属のペン先とは異なり、どんなインクを使っても腐食することなく、あらゆる方向にペン先を向けて書くことができるため、発明当初は事務用として重宝され、またたくまに世界中に広まりました。その後、ボールペンなどの筆記具の登場により広く使われるこ... [続きを読む]

« 定番に変わる日 | トップページ | ファーベは春の使者 »