« レンズ豆と玄米のサラダ | トップページ | オーガニック プチパスタを使って »

藤家の「白いたいやき」

昨今ブームの「白いたいやき」。
最初に売り出したのは大牟田の藤家さんだと、前にテレビで視ました。その白いたいやきの粉を開発〜販売しているのは、知り合いでもある鳥越Tさんの鳥越製粉さんです。

20090402111327本日やっと「たいやき本舗 藤家 那の川店」に行ってきました。よく調べもせず行ったため、開店20分前でした。「準備中」の札があるにも関わらず、中に入って待たせていただくことに。製造の男性と販売の女の子2人で開店準備をされていました。とても感じのいいお店ですよ。

で、本題。
白いたいやきには、全部で4種類の生地があり、モッチリモチモチ。秘伝のあんは7種類とのこと。私は全6味、10匹を買いました。130円の品と150円の品がありました。

20090402114733白いたいやき 箱と紙袋は50円

たいやきの餡は、白あん、黒あん、カスタードあん、桜あん、豆乳クリーム、キャラメルを選びました。ほかにチョコレートのたいやきもありました。

「白いたいやき、知っているけど食べたことがない」という人がまだまだ多いので、知り合い2箇所に出前をし、私の手元に残ったのは2尾。

豆乳クリームとキャラメルです。たいやきと思って食べると、それは、これまでのたいやきとは全くの別物。モッチリモチモチの由縁はタピオカ粉であると、他所さんの白たいで知りました。おそらくこちらもそうだと思います。

ぷわ〜んとやわらかくて、引っ張ると伸びます。豆乳クリームやキャラメルは、たいやきと言うより洋菓子の感覚。何だろう、この「ぷわぷわ」は? すぐに何かに例えたがる悪いクセ‥‥。

まだ白いたいやきを食べたことがない方は、話しのタネにいっぺん食べてみられてもいいかもしれません。好きか嫌いか、好みがハッキリ分かれる食べ物だと思います。ちなみに私は、ほかの味も食べたいから、また買いに行こ〜♪


たいやき本舗 藤家 那の川店 TEL 092-531-6929
福岡市南区那の川2-2-9 開店時間は11:00AMでした。

« レンズ豆と玄米のサラダ | トップページ | オーガニック プチパスタを使って »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

羽田の玉さま

白いたいやき、あちこちに広まっていますよね。
鳥越製粉の御曹司が東京に仕事場を移されたのも、もしかすると
そのせいかも‥‥ なんて思ったりします。

イモ餡についてですが、熊本の「たいやき研究所」さんでは
「いきなり」という名のさつまいも入りを出しておられました。
さつまいも+手亡豆の白あんが入っていました。

3月13日の豆なブログに「たいやき研究所」に出くわしたことを
書いています。
http://mame-mame-labo.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-51bb.html

「白いたい焼き」。東京でも売っているとか。
探して買ってこょっと。イモ餡・・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/28931109

この記事へのトラックバック一覧です: 藤家の「白いたいやき」:

« レンズ豆と玄米のサラダ | トップページ | オーガニック プチパスタを使って »