« 焼きそら豆と、そら豆の天ぷら | トップページ | 桜あんまん »

味のちがいが、わからない‥‥

Dscn269040種類の水を飲んで、味の感想を書くという仕事をやっています。
ペットボトルに入った水が、大小・国内外入り乱れて40本。壮観です。写真はその一部で、硬水・軟水、湧き水に海洋深層水、炭酸水に、お肌がうるおう水、と実に様々あります。水ばかり40本も買い揃えると、1万円近くなります。。。

金曜日から飲み比べをしているのですが、味のちがいが今ひとつ、よくわかりません。そりゃあ、炭酸水とそうじゃない水くらいわかります。コン◯レックスが微妙に飲みにくいことや、硬度1000から成る海洋深層水がトホホなのもわかります。

しかし、天然水っぽいナチュラルミネラルウォーターの類は、どれもこれも、大した差異を感じ取ることが極めて困難なのです。

そこで、せっかくですから40本ある水の中で、いちばん高そうな水を使って豆を煮る実験をすることにしました。

Dscn2692Dscn2693「銀河水で大正金時をもどす」の図

宮崎県小林市で採水された「銀河水」って、2リットルで1,200円くらいする水です。モンドセレクションを3年連続受賞してるとかで、ラベルには最高金賞受賞の★が3つも描かれています。

豆は北海道産大正金時(磨き)です。300gで450円。そう、豆をもどす水と煮る際の水を銀河水にすると‥‥

たいそう、おいしかろうや。ただいま水浸け中。どうぞ、ご期待ください。

« 焼きそら豆と、そら豆の天ぷら | トップページ | 桜あんまん »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

辻本さま

北「大雪」、旧「白滝」村、文字だけでも良い水が
湧いていそうなイメージですね。
紋別のイナキビを、いつの日か食べてみたいです。

はーい。北大雪にある旧白滝村です。そこには、イナキビを作っている共立農場があります。

辻本さま

こんばんは。
「白滝の水道水」とは、北海道紋別郡遠軽町にある白滝ですか?
辻本さんのブログで拝見した遠軽町の雪景色に、清らかな水を
連想します。浄水器なしでも飲めるって、素晴らしいですね。

8日の料理教室でニョッキさんが言ってました。コップにミネラルウォターを二種類、そして白滝の水道水を出してどの水が一番美味しいかを聞いたところ白滝の水道水だったそうです。(東京の人に聞きました)
私の住む遠軽町の水道水も浄水器を付ける必要がない位いい水だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/28542974

この記事へのトラックバック一覧です: 味のちがいが、わからない‥‥:

« 焼きそら豆と、そら豆の天ぷら | トップページ | 桜あんまん »