« ひよこ豆と春ゴボウのポタージュ | トップページ | レンズ豆と玄米のサラダ »

OH! 花見に「3種の豆シロップ浸け」

毎年恒例となった「間借りコラムのお花見会」あらため「注射チームのお花見会」を無事に終えることができました。幹事としては、ホッと肩の荷が一つおりたところ。

百貨店が閉まる少し前に集合し、お弁当やらツマミ、お酒の類を買って夜桜見物へ。場所は税務署の裏道〜球場跡〜福岡城趾へと進み、薄暗がりに提灯ともる桜の樹々をながめながら花見の宴の始まりです。

それぞれに、差し入れを持参。私が持って行ったのは、もちろん豆な差し入れです。

Dscn29783種類の豆シロップ浸け

暗いとよく写らないと思ったので、写真は事前に撮っておきました。北海道産 白花豆と紅しぼり豆、アメリカ産レッドキドニーを使いました。シロップは砂糖の湯さまし。浸し時間が短かったため、クローブ(丁字)を多めに入れました。

食べた人の感想は、
「去年は、え〜、豆の研究? とギョッとしたけど、今年はもう、すっかり当たり前になったね」「豆の食感がいろいろあって良いですね」「あ〜、なんかおいしい」「お豆、お替わりもらっていいですか?」「え〜、持ち帰りしていいの?」と様々。

花冷え対策で用意した即席味噌汁にも、茹でた青大豆を持参して加えました。インスタント食品も、少し手間をかけるだけでインスタント感がうすれます。

花冷えのおかげで長持ちしている福岡の桜も、今週末が見納めかも‥‥。これからお花見に行かれる方は、寒さ対策を入念に delicious

« ひよこ豆と春ゴボウのポタージュ | トップページ | レンズ豆と玄米のサラダ »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

辻本さま
豆をたくさん使った羊羹、と文字だけでもそそられます。
手亡とおっしゃったということは、白っぽい羊羹?
それとも、小豆の羊羹にいろんな豆が埋まっている感じですか?
白花豆と思われたということは、あの大きい粒が形状を残して
いたのですね。お店の人が知らなかっただけかも‥‥?


めぐりんさま
こんばんは〜♪
めぐりんパパもお豆好きなんですね。うれしい〜
いやぁ、豆はいいですよ。老若男女を問わず、
世の中すべての人が「一日一豆」じゃ〜!

のどかさま。豆のシロップ漬け私もよく作ります。お豆を炊いたけど微妙に余って甘煮を作るより手軽で父が喜んでくれます。数種類入れると本当に可愛いですよね。

先日の東京での事です。豆をたくさん使った羊羹がありました。豆の種類を聞いたところ、北海道産手亡といわれましたが、どう見ても白花豆(或いは、中生白花豆)なのですね・・・言う事も出来ず、買わないで帰ってきました。やはり、買って味見をすれば良かったと今更ながら後悔しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/28895309

この記事へのトラックバック一覧です: OH! 花見に「3種の豆シロップ浸け」:

« ひよこ豆と春ゴボウのポタージュ | トップページ | レンズ豆と玄米のサラダ »