« 弥生の月を前に‥‥黒豆 | トップページ | 美人ランチに豆発掘 »

あい らぶ ひよこ豆

Dscn2597ある日の晩ごはん
ひよこ豆のカレー、菜の花としめじ炒め、豆腐サラダ

修行先で覚えた「ひよこ豆のカレー」、本当は食べたくて仕方ないのですが、その後も人様とお話しせねばならぬ事情を考えると、いつも我慢するしかありません。
そこで、たまには自分でつくってみることにしました。レシピを忘れて帰っていたのに、15人分の分量は既に頭にインプットされており、1/3量で「ひよこ豆のカレー」完成です。

Dscn2596プツプツあちこちにカレーが飛ぶおかげで、カレーをつくるとガスコンロがきれいになります。え〜 こっちゃ!


ひよこ豆のカレー、一度食べたら病みつきになります。豚ひき肉とトマトの味が、ひよこ豆のホクホク感とよく合うのです。カレーだけよりも、そこにひよこ豆が存在するだけで、ポップな楽しさが生まれます。


時に私は、豆アドバイザーのごとく消費者とお話しさせていただく機会があります。豆料理ビギナーさんに先ずおすすめするのが、この「ひよこ豆」と「青平豆」です。どちらも一晩水浸けして水煮すれば、煮くずれも少なく、素人さんでもカンタンに豆料理ができるからです。

例えば、ひよこ豆ですと、カレーはもちろん、豆のスープやサラダ、玄米ごはんとのオリーブオイル和えなどをご紹介しています。

かつて師匠からは、ひよこ豆コロッケやポタージュなども教わりました。ひよこ豆に限らず、同じ豆が様々な料理に彩りを添えてくれます。

本日、豆なブログにコメントをいただいた ryuji さんのブログにも、「ひよこ豆のアンチョビーソース和え」なるステキなレシピが掲載されていました。ひよこ豆料理、これからもっと覚えたいです。

自分でも豆料理に手を初めたいなと思いかけている皆さま、ひよこ豆はいいですよ。店頭にてアメリカ産、メキシコ産、イタリア産などが見つかると思います。お試しあれ。

« 弥生の月を前に‥‥黒豆 | トップページ | 美人ランチに豆発掘 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/28342409

この記事へのトラックバック一覧です: あい らぶ ひよこ豆:

« 弥生の月を前に‥‥黒豆 | トップページ | 美人ランチに豆発掘 »