« ローマは1日にして成らず | トップページ | どら焼き、どらどら »

2つの「豆なサラダ」

豆と暮らす生活を始めて、そろそろ1年になります。
本日は簡単にできる「豆なサラダ」を2つ紹介します。


Dscn2476Dscn2484左/白っぽいサラダ
右/節分豆を使ったサラダ

「白っぽいサラダ」の材料は、カリフラワーとレンコン、ガルバンゾー(ひよこ豆)と青えんどう。この組み合わせは、ねらったわけではなく、台所にあった食材の組み合わせです。

「節分豆を使ったサラダ」の材料は、炒めたベーコンと生のホウレン草、そこに節分豆を炒って刻んだものをクルトン代わりにふりかけて‥‥これは、NHKのテキストにあった井上絵美さんレシピのマイナス1(本来ですと刻んだゆで卵も入りますが、あいにく気が急いて半熟卵になり、割愛しました)。

ドレッシングはどちらも、いつものごとく「白ワインビネガー+オリーブオイル+塩+粗挽きコショウ」で和えました。「レモン汁+塩コショウ」や、市販のフレンチドレッシングなどでも合うはずです。


「あるものを活かす、それがクリエイションである」

これは二十代半ば頃の私が出合った「宝の言葉」。オールファッションアート研究所・松本瑠樹さんの「風力図鑑」で見つけました。時を経て風化することなく、シーンを変え宝の言葉としてよみがえります。
台所時間が増えて、この言葉は料理にも通用する言葉となりました。

« ローマは1日にして成らず | トップページ | どら焼き、どらどら »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/27802860

この記事へのトラックバック一覧です: 2つの「豆なサラダ」:

« ローマは1日にして成らず | トップページ | どら焼き、どらどら »