« 紅白あずき〜準備中 | トップページ | 鍋のお供に「黒豆サラダ」 »

紫花豆を煮ています

Dscn2362白いぜんざい

なんとも言いようのない一日。
本日、食したもの。
→ 白いぜんざい。いも餡の鯛焼き、キャラメルババロア×2、メレンゲの焼菓子、ほか。う〜ん‥‥


「紫花豆」をご存知ですか? 信州でまぼろしの豆と言われる豆だそうです。北海道でも栽培されています。甘納豆のいちばん大きな豆である「白花豆」と同じくらい、大きな豆です。

Dscn2367紫花豆

この個性的な模様を見ると、私は草間弥生を思い出します。彼女の代表的アートである「赤に黒い模様」や「黄色に黒の模様」のカボチャを連想するのです。

「虎豆」や「紅しぼり豆」「パンダ豆」など、模様入りの豆はほかにもありますが、このデカさとサイケな色のコントラストが、草間弥生 or 大阪のおばちゃん、なのです。

紫花豆も白花豆同様、大きな豆なので、水に浸す時間を長めにとります。すると、茹で時間は思ったより短くて済みます。マメ・ラボでは20分ほどで煮えました。
煮汁は金時豆や小豆を煮たときのように、赤黒い色の煮汁になります。

最初の鮮やかな紫色の茹で色は、ややくすみ気味で、セピアトーンを20%くらい乗せたような色になりました。
茹でた紫花豆を使って何をつくるか?

うずらの卵をゆで卵にして、紫花豆とレタスとクルトンを入れ「恐竜サラダ」に。な〜んてイメージがわくのは私だけ?

« 紅白あずき〜準備中 | トップページ | 鍋のお供に「黒豆サラダ」 »

たまには専門的な話を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/27035175

この記事へのトラックバック一覧です: 紫花豆を煮ています:

« 紅白あずき〜準備中 | トップページ | 鍋のお供に「黒豆サラダ」 »