« 紫花豆の恐竜サラダ | トップページ | 高野豆腐は「スポンジ豆腐」 »

小豆はのぅ‥‥ あずき粥

1月15日ですもん、つくりましたよ、あずき粥。いつもより30分だけ早起きをして‥‥ 大した写真ではございませんが、せっかくですので記念に。

Dscn2381小正月の「あずき粥」

お粥の炊き方は、この前の七草粥で習得済みです。米の5倍量の水を入れて鍋でフツフツさせます。30分くらいして、別茹でしておいた北海道産の小豆と塩を加えました。
小豆の量がもう少し多くてもよかったかもしれません。ほんのり小豆色が日本人好み?

あずき粥に乗せた黒いシカクは「神宗の塩昆布」です。御歳暮の御品を、これ用にとっておきました。粥自体はうす味ですが、神宗効果でいい塩梅に。実力より数段おいしく感じられました。


小豆は「悪鬼除け」と何かで読んだけど、「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる妖怪「小豆あらい」は、いいヤツです。

「小豆は甘くておいしくて、人をしあわせにするもんじゃ」
とは、小豆あらいの台詞でした。

あずき粥って、もしかするとお砂糖を入れるのかな? 昔むかし、東京・銀座でご馳走になったお粥には、お砂糖を入れると聞いてビックリしたのだけど‥‥ 

« 紫花豆の恐竜サラダ | トップページ | 高野豆腐は「スポンジ豆腐」 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

めぐりん さま

いつもやさしいコメントをありがとうございます。
ふだんの私はとても要領が悪くて、時間に追われてばかりです。
あたふた、あたふた、しています。
ちっとも優雅さがありません。少年のようです。

羽田の玉さま

とすると、玉さまのおじいちゃまも江戸っ子ですね?
3代続いて生粋の江戸っ子なんですよね。
生粋の江戸っ子の玉さまは、小豆粥にお砂糖はかけられないのですね。

鷹さま

むかし、私はお粥もつくれない女でした。
料理をするより、仕事をしているほうが楽しくて、
夜遅くまで会社にいました。何がそうさせたか‥‥

いま食べているものが、11年後の自分の身体をつくると言います。
とすると、いまの自分の身体には11年前の食生活が影響している。。。

食べることをおろそかにできないなと思うのです。

勿論私も食べましたぁ♪のどかさんの小豆粥は上品に仕上がってますよね。やっぱり料理と人柄って通じるものが有るのでしょうね。のどかさんのお着物姿が目に浮かびました・・・・(笑)

今朝、食べました。
祖父も「小豆粥」に砂糖を入れていた
と母が夕食の時、話していました。

あずき粥も七草粥も食べてないよ~(泣)

のどかさんは料理上手やな~^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/27165860

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆はのぅ‥‥ あずき粥:

« 紫花豆の恐竜サラダ | トップページ | 高野豆腐は「スポンジ豆腐」 »