« 金扇の「手作り 黒豆」 | トップページ | 小豆とカリフラワーのミネストローネ »

ヨモギ入り梅ヶ枝餅

太宰府に行きました。詳細は「nodoka 〜 きもの はじめ」に、近日中にアップします。

駅に向かう帰りの参道で「どこがおいしいんですかね?」と姉さん方と話しながら、そぞろ歩き。「もう、あんまり行くと店がないかも‥‥」と立ち寄ったお店は、小野筑紫堂さん。
なぜって、緑色の梅ヶ枝餅を売っているのを同行者が見つけてくださったから。

Dscn2435小野筑紫堂さんの梅ヶ枝餅 105円

おばさま方3人くらいで製造販売されていました。よそはたくさん並んでいたけど、ここは、さほど待たずに買うことができました。

いつもだったらすぐに頬張るのですが、今日ばかりは‥‥ 駅で座って食べるはずが、電車の中で立って食するはめに‥‥

白い梅ヶ枝餅も買いました。比するに、ヨモギ入りのほうがアンコが少ない気がします。ヨモギの繊維がたっぷり入っていて「身体によさそう」感たっぷり。お餅はややカタめでした。

好きか嫌いか、おいしいかどうかは、機会があったらご自身でお確かめください。西鉄電車の太宰府駅を出て、天満宮の最初の鳥居をくぐり、右側の梅ヶ枝餅屋さんの3〜4軒目です。

梅ヶ枝餅って、菅原道真公の好物の餅を差し入れしていた老婆が、道真公が亡くなられた際に梅の枝に添えて供えたことから「梅ヶ枝餅」と称されるに至ったとか。焼きたてのパリッと感と、持ち帰りのウェット感、あなたのお好みはどちら?

« 金扇の「手作り 黒豆」 | トップページ | 小豆とカリフラワーのミネストローネ »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/27458036

この記事へのトラックバック一覧です: ヨモギ入り梅ヶ枝餅:

« 金扇の「手作り 黒豆」 | トップページ | 小豆とカリフラワーのミネストローネ »