« 「さやごと」と生マメと乾物の豆 | トップページ | 小豆あらい »

ムングダル入り鍋ごはん

外は雨。ここにあるもので出来るものは‥‥?
冷蔵庫とコンロ下をチェックして、米とムングダル、蕪の葉っぱ、コンソメを手にし、鍋でごはんを炊きました。リゾットかスープごはんをつくるつもりでした。

Dscn1874ムングダル入りごはん

米とムングダル(豆)を水に浸し、15分くらいおいて、コンソメを1個入れ蓋をしてご飯を炊きます。
強火で噴いてきたら蓋を少しずらして火を弱め、水分が減ってきたら水を足して、熱の具合と水の加減を見ながら、15分くらい炊きました。
炊き上がったと思ったところへ刻んだ蕪の葉を入れ、蓋をしめたら蒸らしを約5分。

そうすると、写真の「おかゆのようなリゾット」完成。
米粒より小さい黄色い粒がムングダルです。味はほとんど感じません。食感はほくほくした小さな粒。意識しないと、食感もごはん粒に混じって消えてしまいそう。


Dscn1873オマケ

この前の「白花豆のトスカーナ風」は、このようになりました。
「温かい豆だった」と幾田淳子先生はおっしゃっておられましたが、私のはマリネっぽい出来になりました。おそらく「セージ」は粉末ではなく、ハーブの形を成しているものを使うのだろうと思いました。
写真の緑は、ベランダに自生した西洋パセリです。

« 「さやごと」と生マメと乾物の豆 | トップページ | 小豆あらい »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/25364678

この記事へのトラックバック一覧です: ムングダル入り鍋ごはん:

« 「さやごと」と生マメと乾物の豆 | トップページ | 小豆あらい »