« 発芽率80%の実力 | トップページ | “おついたち”と、15日 »

サツマイモ料理にインゲン豆を

20081029214338インゲン豆入り〜焼き芋と豚肉・ピーマンの中華炒め

いただきもののサツマイモがめぐってきたので、日経ヘルスで見たサツマイモ・レシピを試作しました。「中華炒め」につき、醤油、酒、片栗粉を使ってあんかけにします。片栗粉の量が多すぎたのか、ややテロテロッと気味でした。

コツは、サツマイモを1cmの輪切りにして、油をひかないフライパンで両面を弱火でゆっくり焼いておくこと。豚肉、ピーマン、インゲン豆、サツマイモの順にフライパンに入れ、あんかけのあんで絡めるように炒めました。

サツマイモって、あまり「おかず」の感覚がなかったのですが、日経ヘルスを見ると、いろいろ楽しめそうです。ちなみにインゲン豆(さやごと)は、ヘルス11月号のレシピにはありません。マメ・ラヴの私が勝手に組み合わせたものです。

*前回の「ファーベ」が、驚くほど「すくすく」と育っております。

« 発芽率80%の実力 | トップページ | “おついたち”と、15日 »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/24926323

この記事へのトラックバック一覧です: サツマイモ料理にインゲン豆を:

« 発芽率80%の実力 | トップページ | “おついたち”と、15日 »