« サツマイモ料理にインゲン豆を | トップページ | 土鍋ごはんと大豆入りひじき »

“おついたち”と、15日

まだ会社勤めをしていた頃、社長にお願いして事務所に神棚を取り付けていただきました。神主さんに来ていただいて、魂を入れ、毎月1日と15日に、お榊を替えていました。社長だったり、私だったり、事務のMちゃんだったり‥‥そうしていれば、商売が繁盛すると信じていました。

1日(ついたち)と15日は、お商売をする方たちにとって特別な日。もし、私がナントカ組のおかみさんだったら、きっとお赤飯を炊いていることでしょう。

別に目出たいことがあったわけではなく、最近のツキの無さを何とかしたいと微かな期待を込め‥‥ 1日に思い立って、1日には間に合わず、1日オクレでお赤飯を炊きました。「豆の研究」と豪語しながら、白状すると初めてのお赤飯体験。
小豆を一晩水に浸し、炊飯器で白米を炊く前に加え、通常通りに炊きました。

Dscn1789
Dscn1791見た目は、お赤飯っぽいと思いませんか?

食べてみると、小豆に芯が残り、イメージする極上のお赤飯には月とスッポン。は〜

記憶では、お赤飯は餅米のはず。この前の「きねや」さん取材でも、それらしい話しが出ました。私の似非お赤飯は、雑穀ごはんの小豆バージョンにすぎません。。。

あらためて穀物屋レシピでお赤飯の炊き方を調べてみました。
すると、やっぱり「佐賀県産肥沃もち」と書かれています。
「肥沃もち」と言えば、霧島の取材でお目にかかった「ヒヨクモチ」と同じ品種の餅米です。

世の中は、ちゃんとつながっているのですね。
15日には餅米のお赤飯を炊いてみたいものです。

« サツマイモ料理にインゲン豆を | トップページ | 土鍋ごはんと大豆入りひじき »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/24980474

この記事へのトラックバック一覧です: “おついたち”と、15日:

« サツマイモ料理にインゲン豆を | トップページ | 土鍋ごはんと大豆入りひじき »