« 樓太榮 みつ豆 | トップページ | グリンピースの新芽です »

ひよこ豆とジャガイモの‥‥

20080819163838ひよこ豆 もどし中

だいたいいつも何をつくるかなんてあまり考えずに、その日の気分でテキトーに豆を選んで水にもどし、程よく太ってきたら水煮にします。そうしている間に冷蔵庫の中や流しの下を思い出して、何をつくるか考えます。
だから、けっこうワンパターンに陥ってしまうのかも‥‥

これはメキシコ産のひよこ豆。メキシコ語では「ガルバンゾー」と呼びます。
もう何度か書いたけど、丸っこい形とクチバシのようにとんがったところがヒヨコの頭みたいなので、日本では「ひよこ豆」の名がついたそうです。
タンパク質と鉄分が豊富。鉄欠乏性貧血症の私には、実にありがたい豆です。


20080819214816ひよこ豆とジャガイモの牛なめたけしぐれ煮和え

ほんとはこれ、タラモサラダになるはずだったのです。いただき物の「平塚明太子」を使って‥‥。
しかし、冷蔵庫を発掘して見つかったマヨネーズは、ちょびっとしか残っていない。これでは、ケチケチサラダになってしまうから、別メニューに変身です。

ジャガイモは実家で育ったもの。皮が紅くて、外側はサツマイモのような色をしています。中は普通のジャガイモよりちょっと黄色味が強いです。ほのかに温かさの残るヒヨコ豆はホクホクして栗みたいな食感です。牛なめたけが、やや甘めでした。


*お昼に「もみじうどん」をご馳走になりました。
胚芽を練り込んだ麺は、冷たい素うどんとして食べてもおいしそう。もみじ麩、ゴボウ、油揚げ、ワカメなどがのったお昼のみのセット、かしわごはんでいただきました。Tさん、ご馳走さまでした。
場所は福岡市の西新。店名が「もみじうどん」です。

« 樓太榮 みつ豆 | トップページ | グリンピースの新芽です »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/23096358

この記事へのトラックバック一覧です: ひよこ豆とジャガイモの‥‥:

« 樓太榮 みつ豆 | トップページ | グリンピースの新芽です »