« づんだあん | トップページ | 豆な朝ごはん »

♪ずんだった、づんだった〜

朝から「きもの」のことばかり考えています。昨晩から読み始めた「石田節子のきものでおでかけ」という本が面白くて、スイスイ読んでいます。

夕方、きもの着方スクールを思い出して、一人お稽古をしました。
きものを着て、白い割烹着を着けて豆を煮るのが理想です。そのため(?)に、お稽古に励んでいます。


「づんだあん」かけ白玉団子をつくりました。
Dscn1403白玉粉(寒晒粉)200g 670円

白玉粉は、たいそう手間がかりな粉です。穀物屋さんの説明書きによると「もち米を精白、水洗い後、水につけてやわらかくした後、水と共にすりつぶし、水にさらして脱水し、できた固まりを削って乾燥したもの」とあります。冷めても固くならないのだとか。


Dscn1406ゆでる前の白玉

白玉粉100gに水90ccを加えて混ぜ、丸めます。白い円盤形にしたのは、づんだあんをたっぷり乗せて食べるため。
沸騰したお湯に入れて、少しして浮いてきたら茹で上がり。氷水にとって、冷たくします。


Dscn1407づんだあん500g 送料込672円

えだ豆の粒がたっぷり残っています。
粒つぶして、ザラッとした舌ざわりがたまりません。
私にはちょっとだけ甘いかな? 仙台で食べたときより甘く感じるのは、仙台では真冬に食べたため甘さが締まっていたからでしょうか? 福岡は真夏で、味が開いているから?


Dscn1412
と、いろいろ申しておりますが、しあわせです。ずんだもち。
づんだあんの粒感と白玉のツルっと感、よく合いますね。
白玉1、2、3、4、‥‥14個がおなかの中へ。


さて、残りの「づんだあん」は、明日中に食べてしまわねばなりません。
あと380gくらいあります。明日は何にしようかな‥‥?

« づんだあん | トップページ | 豆な朝ごはん »

たまには専門的な話を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/22734419

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ずんだった、づんだった〜:

« づんだあん | トップページ | 豆な朝ごはん »