« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

読者の質問にお答えします

Photo豆なブログの読者さんから1本のメールが届きました。


「先日食べた岩田屋のお弁当に、色んな種類の豆だけのサラダ、美味しかったので、添付させて頂きます。
シンプルですが、かなり豆の味が引き立って、どんぶりで食べたかった、久々のヒットです。マヨネーズと思うのですが、昔ながらのキューピーでないのは確か!! フレンチドレッシングが混じったようなサラッとした、酸味と黒コショウのピリッとがよかったです。これで分かって頂けたら、作り方を教えて下さい」。

豆・豆料理研究家へのご質問、ありがとうございます。それにしても「どんぶりで食べたかった」とは、そうとう豆好きな読者さんです。


では、わかる範囲で、ご質問にお答えします。

まず用意する豆は、
◎ガルバンゾー(ひよこ豆)
◎レッドキドニー
◎えんどう豆、もしくは枝豆(写真の黄緑色の豆)
◎黒豆

写真で確認できるのはこれくらいですが、おそらくデパ地下商品で「4」の組み合わせにはしないと思うので、もう1品なにか加えていると思います。
◎白いんげん豆、もしくは大福豆や大豆でも良さそうです。


まず、それらの豆を1晩水に浸して茹でてください。豆は指定どおりでなくてかまいません。そろう範囲で、お好きな組み合わせで楽しんでください。

サラダにする豆は煮くずれしないほうがいいでしょう。レッドキドニーと、白いんげん豆や大福豆は、煮くずれしやすい豆です。少しかたいくらいで火をとめて、鍋にふたをしてしばらく置くと程よいかたさに落ち着きます。

数種類の豆は、必ず別々に茹でます。茹でて少し冷ましたら全ての豆を混ぜ合わせて、塩を軽くふります。そして、ドレッシングで和えるわけですが‥‥。
マヨネーズ系のドレッシングですよね。簡単にできるのは、質問文中に「酸味と黒コショウのピリッと」という表現もありますので、マヨネーズを白ワインビネガーなどでのばすと良いのではないかと思います。もしくはレモン汁たっぷりでも代用可能。
黒コショウは香りが残るように、粗挽きのものを最後にふりかけるのが良いでしょう。最初から挽いてあるものより、自分でガラガラ回しながら挽いていく黒コショウだと尚よいですね。


以上が、届いたお写真と質問文からの推測です。

実は今朝、私も試してみたのですが、マヨネーズドレッシングに替えて、ヨーグルト・ドレッシングでもおいしいと思います。市販のプレーンヨーグルト+レモン汁(またはビネガー)、塩、コショウでOK。ヨーグルトをカッテージチーズに替えると、豆の洋風白和えみたいになりますね。
ほかに、無印良品で販売している「豆乳ドレッシング」も、合いますよ。

いろいろ豆のサラダ、彩りよく豆を選んで組み合わせを楽しんでください。
手間がかりな1品ではありますが、自分でつくると「どんぶり1杯」も可能です。あ、豆は水にもどすと乾燥状態の3倍くらいふくらみますので、量の加減にご用心くださいhappy01

大豆の利き煮

Dscn1465大豆3種類
左から「岩手県産あおばた豆(青大豆)」「北海道産大豆ユキシズカ」「北海道産青大豆 大袖の舞」
大豆はいずれも水に浸して約半日、充分ふくらんだ姿です。写真をチョンとして大きくして見てください。


なんで大豆ばかり3つも煮てみようと思ったかというと、かつて「いわし明太」や「餃子」の原稿を書くために、同時期に同じ食品を順に口にしたことがあり、味の特徴が実によくわかったのです。大豆のちがいを憶えたくて、さっきから煮ているというわけ。
「利き酒」ならぬ「利き煮」です。

ブログを書きながらラボのコンロで煮ていたら、おっと危ない、吹きこぼれ。大豆はけっこう泡ぶくが立ちますから、アミのお玉ですくって捨てましょう。

「あおばた豆」は塩を入れて煮ると、そのままツマミにOK。
「ユキシズカ」は乾燥状態ですと、まるで小豆のように小粒です。
「大袖の舞」は青大豆と言えど、ほんのり薄みどり色。水に浸しておくと、その薄いみどりも消えつつあります。

最近、いろいろ豆のサラダを見かける機会が増えました。大豆3種のサラダって、どうかなぁ‥‥?
それともシンプルに、3種をミックスして塩をふり、大根おろしを乗せてポン酢をかけて「豆しぐれ」。あ、この名前、いま私がつけました。「豆しぐれ」「しぐれ大豆」もう、世にある名前ですか?

べつばらデザート

きもの着方スクールの12回プラス2を本日、無事に終了。
先生にお礼の気持ちを込めて、同じクラスの生徒さんたちと食事会を開催しました。お店はスクールの会場として使わせていただいていたホテルの1階、和食のお店。

料理は小さいポーションで、お造りや胡桃豆腐、天麩羅、小鉢いろいろ‥‥女の人が喜びそうな御膳に、稲庭うどんと散らし寿司、デザート、コーヒー付きで1,785円。じっくり時間をかけて出てきます。
つくづく、世の女性方のためにあるような昼の膳でした。

先生とKさんのデザートに小豆が使われていて、豆・豆料理研究家1年生の私のために写真を撮らせてくださいました。ちょっと味見させていただいた小豆は、缶詰の味がしました。


20080829134751寒天と白玉ぜんざいのヨーグルトソース

20080829134819抹茶アイスの小豆と?添え


私にとって何よりのごちそうは、5人そろっての食事の時間。
3ヶ月半、本当にお世話になりました。

赤えんどうを使って

20080826212350赤えんどうとパプリカ、タマネギのサラダ

穀物屋 森光商店の8月22日のブログに掲載されていた「赤えんどう豆のサラダ」が、とってもおいしそうだったので、真似してつくってみました。
つくり始めて気がついたことには、台所にふつうのタマネギが見当たりません。そこで、チチの紫タマネギ(最後の1個)を使うことに。

実は私は生のタマネギが苦手。ですから、よ〜く水にさらして、ザルでじゃかじゃか洗って、搾って、洗って、搾って、そこまでして生のタマネギが食べたいか? というくらいよく洗いました。
余談ですが、浄水器シーガル・フォーの移設(洗面所から台所へ)が完了し、ちかごろ助かっています。

つくり方は至って簡単。
・タマネギをスライスし、水にさらす。
・オリーブオイルとレモン汁(たっぷり)、塩、コショウをかけて和える。
・スライスしたパプリカをタマネギと混ぜる。
・茹でた赤えんどう豆を加え、ざっくり混ぜる。

本来のつくり方は、穀物屋レシピをご覧ください。
こちらは、いまブームのひよこ豆や白いんげん豆を使われています。


実は、穀物屋ブログの写真のタマネギが、最初は大根に見えたので、タマネギと大根の差し替えバージョンもつくってみました。こちらは、改良の余地あり。切り方等、もっと研究が必要なようです。

白小豆の冷やしぜんざい

「最近、食欲がなくて体重がどんどん減ってきちゃった‥‥」と、うらやましいことを言う友人がおりまして、しかしちょっと心配になって、甘いものでも差し入れしようと思いました。

Dscn1462白小豆(しろしょうず)と、白玉だんごを使って、冷やしぜんざいの完成です。

白小豆は、やや煮すぎた感あり。

白玉だんごは、白玉屋新三郎さんの国産水稲100%「石臼挽き」の白玉粉を使いました。
ご飯がノドを通らないなら、お米の粉を使った白玉だんごを食べたらいいのでは‥‥の発想からです。

        元気になってね。

樓太榮みつ豆と、空のこころ

Dscn1455_2「樓太榮みつ豆」と白玉だんご


友人がくれた「みつ豆」の缶詰は、
上と下の両側を開ける缶詰でした。
みつ豆の具とシロップが1つの缶に別々に入っていました。
白玉と共にいただきました。おいしかったです。


   *


かたよらない心
こだわらない心
とらわれない心

ひろくひろく もっとひろく
これが般若心経 空のこころなり


薬師寺 高田好胤さんの言葉です。
まだ私が19〜20歳のとんがっていた頃、お勤めしていた会社の人事部の上司に教えていただきました。空(くう)になりたい。

ポーポー、知ってる?

「めんそーれ 大沖縄展」が岩田屋で開催されてて、今日チラッとのぞいてきました。そこで見つけたのが「ポーポー」。なんや、それ?? とばかりに、買ってしまいました。

Dscn1458ポーポー 1本158円、2本で315円

「ポーポーって何ですか?」
「沖縄のクレープみたいなもので、皮はパオと似ています」
「甘いですか?」
「はい、アンコが入っていますから、甘いです」
「アンコですか、じゃあください」

4種類くらいの味があるようでしたが、私が買えたのは「紫イモ」と「レーズン」の2種類。どちらもアンコ入りです。


「ポーポー」が「ポニョ」くらい気になって、ネットで調べてみました。以下、沖縄大百科というサイトからの抜粋です。

ポーポー【ぽーぽー】炮炮と書く。中国の影響を受けた沖縄の伝統菓子。
小麦粉をクレープのように薄くのばして焼いた皮に、アンダンスー(豚脂入り味噌)を包んで巻いたもの。
〜昔は五月四日(ユッカヌヒー)に、ポーポーやチンピン(小麦粉に黒糖をとかして入れ、のばして焼いた皮をぐるぐる巻きにしたもの)をつくり、神仏に供え、子どもの成長を祈ったという。

だそうです。豚脂入り味噌のポーポーって、売ってたのかな? なんだか今日の選択は、とんこつラーメンを食べるつもりで博多に来た人が、知らず知らず醤油ラーメンや塩ラーメンを頼んでしまったような買い物だったと、ポーポーの実態をつかんで思いました。

ま、いっか。

Dscn1461レーズン・ポーポーを開いたところ

レーズンのポーポーには、白あんにレーズンを混ぜたものが包まれていました。紫イモのポーポーは紫イモあんに白ゴマでも入れたような食感。紫イモの食物繊維だけだったのでしょうか?

それにしても、さすが、めんそ〜れ沖縄。どちらも甘くて、レーズンは超甘くって、この2本で1週間分の砂糖を口にしたような甘さが、今も残っています。いつの日か沖縄で、本物のポーポーを味わってみたい。

岩手県産 あおばたまめ

青畑豆と書いて「あおばたまめ」。私にとって初体験の豆です。大豆の色がツヤ消しの抹茶色になったような風貌をしています。
「あおばた豆は主に東北で作られる青大豆です。東北以南で見かけることはほとんどなく、観光客がお土産で買われたりします」と、仙台市「すゞや」さんの袋の裏書きに書かれています。

豆をよく洗いました。なぜかというと、洗うと汚れのような色が出たから。豆そのものの色がはげているのかどうかわかりませんが、通常の豆を洗うときの3倍くらい時間をかけて丁寧に洗いました。
洗っているうちに豆にシワが入り出して(これは水でもどっている様子)、浸透性がいいなと思いました。

水に一晩浸けていたら、けっこう膨らみます。
その膨らみ後の姿は、私の大好きな「岩手県産 青平豆」とよく似ています。確か前に上野商店で買った「青大豆」を煮たときもそう思いました。え〜、「青大豆」と「あおばた豆」は同じ豆?

袋の裏書きによると「最近では豆腐や納豆が人気です。黄大豆と比べて脂肪分が少なく、とても甘みのある豆で〜」とあります。緑の豆腐って、この豆を使っていたのですね。


専門的な話しはこれくらいにして、あおばた豆は肉じゃがになりました!

Dscn1453肉じゃが

牛肉、チチのじゃがいも、チチのタマネギ、ニンジン、糸こんにゃく+あおばた豆。
あおばた豆は、グリンピースの代わりと思って使いました。この時期、えだ豆でもOKです。

「粗食のすすめ」に出てきそうなメニュー構成にしたくて、メインディッシュを「肉じゃが」にしました。その他おかずは、ナイショで〜す。

グリンピースの新芽です

Dscn1449博多 豆苗(とうみょう)

●豆苗は「グリンピース」の新芽です。

と、豆苗のパッケージに書かれています。昨晩、エルロクで買いました。「当たり」ねらいで、レシートを抽選箱に入れたので、豆苗がいくらかわかりません。確か、100円↑ くらいだったと思います。

豆苗は緑黄色野菜です。
袋の裏に栄養成分の比較(100g中)と表記されているデータによると、
・カロテンが4700μg(ブロッコリーの約8倍)、
・ビタミンCが74mg(ホウレン草の約2倍)、
・食物繊維 3.1g(白ネギの約1.5倍) といった具合です。


Dscn1450袋から出した豆苗

根っことグリンピースの殻は食べられません(食べられるかもしれないけど、ふつうは廃棄する)。それをJAふくれん全農さんでは「葉と茎の部分のみご賞味ください」と表現されています。なるほどね。

私が初めて豆苗の存在を知ったのは、某ラーメン屋さんのラーメンイベントで、店主がつくられた創作ラーメンがきっかけでした。
もし「風のつぶやき 総集編」という本をお持ちの方がおられましたら、011ページの上段をご覧ください。2002年6月に「誕生」という名の塩ラーメンのトッピングにされています。
(本が欲しい方はご連絡ください。1冊1,600円/税込)

スーパーなどで豆苗を見かけると、私はその創作ラーメンがおいしかったことを思い出すのです。

お皿にのった豆苗は、油揚げと共に味噌汁の具になりました。昆布出汁、合わせ味噌のお味噌汁。
豆苗は「鍋もの・炒めものに最適!!」だとか。おひたしやゴマ和えにも良さそうです。

「豆苗は豆の芽だから、これから伸びよう、成長しようというエネルギーをいっぱい持っているんだ。だから、そのエネルギーをみんなにも食べてもらって、元気になってほしい」と、ラーメンおやじは豆苗を知らなかった私に教えてくれました。もう、6年以上むかしの話しです。


ひよこ豆とジャガイモの‥‥

20080819163838ひよこ豆 もどし中

だいたいいつも何をつくるかなんてあまり考えずに、その日の気分でテキトーに豆を選んで水にもどし、程よく太ってきたら水煮にします。そうしている間に冷蔵庫の中や流しの下を思い出して、何をつくるか考えます。
だから、けっこうワンパターンに陥ってしまうのかも‥‥

これはメキシコ産のひよこ豆。メキシコ語では「ガルバンゾー」と呼びます。
もう何度か書いたけど、丸っこい形とクチバシのようにとんがったところがヒヨコの頭みたいなので、日本では「ひよこ豆」の名がついたそうです。
タンパク質と鉄分が豊富。鉄欠乏性貧血症の私には、実にありがたい豆です。


20080819214816ひよこ豆とジャガイモの牛なめたけしぐれ煮和え

ほんとはこれ、タラモサラダになるはずだったのです。いただき物の「平塚明太子」を使って‥‥。
しかし、冷蔵庫を発掘して見つかったマヨネーズは、ちょびっとしか残っていない。これでは、ケチケチサラダになってしまうから、別メニューに変身です。

ジャガイモは実家で育ったもの。皮が紅くて、外側はサツマイモのような色をしています。中は普通のジャガイモよりちょっと黄色味が強いです。ほのかに温かさの残るヒヨコ豆はホクホクして栗みたいな食感です。牛なめたけが、やや甘めでした。


*お昼に「もみじうどん」をご馳走になりました。
胚芽を練り込んだ麺は、冷たい素うどんとして食べてもおいしそう。もみじ麩、ゴボウ、油揚げ、ワカメなどがのったお昼のみのセット、かしわごはんでいただきました。Tさん、ご馳走さまでした。
場所は福岡市の西新。店名が「もみじうどん」です。

樓太榮 みつ豆

Dscn1447_2樓太榮 みつ豆

田舎者の私は知りませんでした。「樓太榮 みつ豆」なる缶詰を。
田川育ちの友人が自慢気にくれたのです。「はい、エイタロウ みつ豆。エイタロウのエイはね‥‥、ロウはね‥‥」もの書きの私に、至って親切な漢字の書き取り指導付き。

この缶詰、仕組みがすごいらしい。二重缶になっているそうです。二重缶というのは、魔法瓶か何かのように缶が二層構造になっている、などというわけではなく、上下両方を缶切りであける仕組みだとか。ほぅ!

缶の裏側にあけ方の説明が詳しく記載されています。要約すると
①缶の上に二つ穴をあけ、中の汁を捨てる。 ②缶の上部をあけ、中身を器に出す。 ③缶の下に二つ穴をあけ、中の黒みつを②のみつ豆にかける。
ってな具合です。

皆さまはご存知なのですか?
この「樓太榮 みつ豆」は、赤・黄・緑の「飴樓太榮」の会社の商品だと友人が教えてくれました。「昔、おばあちゃんたちがよく食べてたの、知らない?」って。私の子どもの頃は、こんな洒落たみつ豆を食べた記憶がないのです。。。

ちなみに、みつ豆に使われる豆は「赤えんどう」です。水にもどすには、ほかの豆より時間がかかります。1晩でもどそうと思ったら、重曹を少し入れておくといいようです。
その際は、茹でる前に水を捨てて、新しい水で茹でてください。アクをマメにすくってね。


*今日の名言「人の一生なんかエビ・フライで、時価である」
白洲正子さんが書かれた「いまなぜ青山二郎なのか」を単行本で読んでいます。私としては、このフレーズから
「人の一生なんかエビ・フライ」だけ拾いたい。
「人生は宝さがしだ」と並ぶ名言だと思うのです。

韓国小豆の真実

Dscn1441韓国小豆の甘煮と白玉だんご

世間のお盆休み最終日、数日前の予告どおり、私は韓国みやげに小豆を買ってきてくれた友人に、韓国小豆の煮豆をふるまいました。昨晩から韓国小豆を水につけ、今朝コトコト炊いて、砂糖をいつもよりどっさり入れて、かくし味の塩も、ひとつまみ‥‥。小豆と聞いていたから、ホントはあんこにするつもりだったけど‥‥なんだか様子が違うのです。

韓国小豆って、どう見ても「金時豆」なんですよ。水にもどす前は「小豆にしては大きいな」と思った程度だったけど、水にもどしても、炊いても、どう見てもこれは「金時豆」としか思えない。
砂糖どっさりで炊いたその味も、法事とかでよく出されるあの金時豆の味。

砂糖が多いから写真ではテリテリしてますが、この豆を1kgくらい大鍋でどっさりと、多少煮くずれするくらいまで炊いたら、法事の豆のような色になるはずです。

日本国で言うところの「金時豆」は、海を渡ると「小豆」になるのですね。
日本の「中くらい」は韓国の「小さい」。これはやっぱり、大陸的感覚なのでしょうか‥‥?


Dscn1439白花豆入りラタトゥイユ

あとで写真を見て思いました。
盛りつけが下手クソ。

日本国で売られている白い豆の中で、おそらくいちばん大きい豆ではないかと思います。
「北海道産 白花美人」を使いました。300g入り 500円。

もの書きとして尊敬する先輩が、かつておっしゃっておられました。「人にふるまうときは、新しいレシピではなく、つくり慣れたものをつくりなさい」と。
ラタトゥイユ(ラタトゥーユ)は、この夏マスターした料理のひとつ。「これなら、大丈夫」と思って油断したせいか、煮過ぎてしまいました。

しかし、ラテンダンサーの友人はペロリと食べて、お替わりまでしてくれました。お替わりをするということは、つくった人にとって何よりの賛辞。この次はもっと、盛りつけにも気を配らねばと思った次第。

チチ、おめでとう

20080816123149ムングダル入りキーマカレー

今日はチチの誕生日なので、頼まれもしないのにカレーをつくりに帰りました。誕生日のごちそうは、何と言ってもカレーです。

誕生日カレーは、豚ひき肉とトマトを煮込んだキーマカレー。戻し時間の短いムングダル(緑豆を挽き割りにし、皮をはいだもの)を加えました。タイ産のムングダル、スリランカ・カレーとの相性は○です。
カレーに混じると、ひき肉の粒感とは異なる粒感が出て良いのではないでしょうか。

チチは、さらっとしたカレーを好みます。
しっかり煮込んでトロみをつけたカレーをひと口だけ味見すると、さっさと「お茶かけ」にしてしまいました。ん、もぉっ!


20080816110701茂るイチジク

八女の田舎道、通りがかりにイチジクの樹を発見。
すっごく大きくて、思わず撮ってしまいました(取って=もいでしまいました)。
イチジクは繁殖力が旺盛なので、昔は地震から家を守るため庭先に植えられていたと、何かで読んだことがあります。ホントは食べるため?

ゴーヤと青平豆

20080815115326ゴーヤと青平豆のソーメンチャンプル

暑いので、昼にゴーヤを食べました。沖縄チックに、そうめんとチャンプルーにしようと思い立ち、プラスαの具材として青平豆と炒り玉子を加えました。

ゴーヤと青平豆、同じ緑系統の色同士、相性は悪くありません。
青平豆を枝まめに変えても、充分おいしいと思います。

「ゴーヤの苦みをやわらげるには、塩揉みするといいですよ」と、この前ちょっと耳にしたので、やってみたらホント、強い苦みは遠のいていました。ゴーヤがあまり得意でない方や、ゴーヤ・ビギナーの子どもたちに食べてもらうには、いいかもしれません。

「沖縄料理の味付けは、とにかく何にでもカツオ出汁を入れるんですよ」と、沖縄料理店の大将に聞いたことがあったので、今日の味付けは「カツオ風味のほんだし」に頼りました。

そうめんは、通常より固く茹でたほうがいいです。ラーメンでいうところの「バリかた」か「粉おとし」くらいで火を止めて、水洗い。それを、炒めたゴーヤと青平豆に加えます。仕上げに、カツオ節をどっさりかけて出来上がり。


昨日、テレビで「沖縄の人は、思いっきり甘いアイスティーを食事に添える」と言っていましたが、私は昼間からビールを合わせました。

夏の陽射しが

夏の陽射しがあんまりまぶしくて‥‥ と始まるお話し、今江祥智先生の書かれた「優しさごっこ」の出だしです(漢字はちがうかもしれません)。夏になると朝の光のまぶしさに、つい思い出すフレーズです。

朝、起きぬけにカレーをつくりました。チャナダルのカレーです。
つくり始めて気がついたのですが、豚ひき肉と思って買ったひき肉は、なんと鶏ミンチ。。。 そう言えば昨晩、ほろ酔いかげんでスーパーマーケットに立ち寄ったせいかしら。もう。

20080814154547チャナダルと青平豆のカレー

豚ひき肉でつくるレシピどおりの香辛料ですと、味がいまひとつ淡白だったので、勝手に味を加えました。

・ダイスカットのトマト缶
・ターメリック
・クローブ(パウダー)
・あおさ醤油
・ゆでた青平豆

鶏ひき肉だから、トマトの酸味に醤油を足してもいいのではないかと思いました。あおさ醤油は、玉子かけごはん用においしい醤油です。温泉玉子にもOK。カレーの場合、気にするほど味に影響したとは思えません。
コクのあるカレーを食べたかったら、やっぱり豚ひき肉だなぁ、と思います。
牛肉を使うのは、昔ながらの「お母さんカレー」のとき。牛角切りを長時間ホロホロになるまで煮込みます。

あなたの家のカレーは、どんなつくり方ですか? カレー自慢、お寄せください。


*お知らせ
きもの着方スクール「のどかさんのスクール体験日記」が更新されていました。
ゆかたについて書いています。

小豆には繊維質が豊富

「姫路菓子博2008」について調べていたら、全国菓子工業組合連合会(全菓連)のホームページに行き着きました。
その中で心ひかれたのは、やっぱり豆についての記述です。

〜和菓子によく使用される食材は、何と言っても小豆ですね。小豆には大豆と違いデンプン質が多く含まれています。〜また、和菓子の材料は繊維が多く含まれるものが意外とあります。小豆は100g中16%、きな粉は17%、寒天は81%繊維質が含まれています。和菓子って意外とヘルシーなんですね。

小豆の効用
 ビタミンB1・B2などのビタミン類や鉄、カリウムを含みます。皮の部分に含まれるサポニンという成分は、利尿作用があるといわれています。
(以上、全菓連のサイトより)

あずきがアンコになることは、周知のとおり。アンコが甘いのは、あずきが甘いからではありません。あれは、砂糖の甘さなんです。あずきそのものの味は、甘さが足りない水ようかんから、さらに砂糖を取り除いたような、それだけではなんだか物足りない味に感じます。
さすれば私の「あんこ好き」は、砂糖の甘さを欲しているだけ‥‥?


Dscn1301韓国みやげの小豆(でかい)
近々、この小豆をくれた友人と会います。小豆を炊いて、白玉だんごをつくって、和風のおやつをふるまいたいと思います。仕込みは1〜2日前から始めます。韓国産の小豆は、どれくらい大きくなるのでしょう?

新潟物語

20080811185146豆おかき、黒豆せんべい

「何か豆な物をと思いましたが、何も思いつかず、おせんべいになってしまいました」と、M先生から缶入りのお煎餅が届きました。6種類、78枚も入っています。
「何も思いつかず」と言いつつ、ちゃんと「豆」入りを選んでくださっています。

岩塚製菓謹製「新潟物語」、初めてお目にかかるお煎餅屋さんです。新潟県は1度も行ったことがありません。米どころですよね。

「豆おかき」は香ばしい大豆が入った塩せんべい、「黒豆せんべい」は炒った黒豆が入った醤油せんべいです。M先生、ありがとうございます。煎餅に入れて焼く、というのも豆の食べ方のひとつでしたね。

M先生は整体師の先生です。年に何回か、脚腰の調子が悪くなると“かけこみ寺”のように、先生のところに行きます。関節の接触が悪くなるのはたいてい寒い時期。ホントは月に1回くらい通ったほうがいいのでしょうが、たった1度で治してくださるから、私は痛いときにしか行かないワガママな客です。

それにしても先ほどから、いったい何袋あけたのでしょう? 一人で食べてしまったらどうしよう‥‥

植物を育てること

200807200753217月のヒマワリ

夕立がきて、涼しくなったので散歩に出かけました。近くに大濠公園や護国神社があります。雨あがりの神社の杜のにおいは、気分をリフレッシュさせるのに良い感じです。

今日は、いつか書かないといけないのだろうなと思いながら、先延ばしにしていたことを書きます。以前ご紹介した「豪州産緑豆」と「うすいえんどう」が枯れてしまいました。

緑豆は、小さな虫がいっぱい付いて茶色くなりました。
うすいえんどうは、この暑さに耐えきれず、ひからびたみたいになって枯れました。

以下、7月7日の豆なブログ「大地を耕す人の声」と題して書いた記述です。
「この辺の農家は、豆はつくりたがらんもんね。ほかの野菜に比ぶると、豆は手間がかかるとよ。そっけん、つくってもせいぜい枝豆くらい。あと、さやインゲンくらいやろうね」と話してくださいました。豆を育てるのは、手間がかかるのだそうです。

「無農薬」「有機栽培」と表示された野菜が、その表示がない野菜より高値なのは手間がかかるからだと聞いていました。手間をかけて枯れないのであればまだいいけど、虫はやわらかくておいしい葉っぱからねらいます。

かつて、お百姓さんに「植物に牛乳をスプレーすると、脂肪分の皮膜ができて虫がつきにくい」と聞いてやってみたことがあるのですが、それでも虫がつきました。

大切に毎日世話をして、「お願い、枯れないで」と手を尽くし祈っても、枯れるときは枯れてしまいます。まして、ベランダでプランターに育てている植物です。仕方ないのかもしれません。

こういうことがあると、くれぐれも「冷蔵庫の中でとけていく野菜」を出さないようにしようと思います。豪州産緑豆、S社長に実りの報告をしたかったけど、うすいえんどうはNさんに育った報告をしたかったけど、どっちも枯らしてしまいました。

「どうぞ、明後日朝顔だけは枯れずに育って」と願います。花はまだ、ひとつも咲きません。

豆な引出し

20080809154843マメ・マメ・ラボラトリーの2段目の引出しです。
(写真をチョンとすると大きくなります)

豆って、増殖するのかしら? ぜんぶ違う中身の袋が24袋と容器が3つ、おまけに「不老長寿 子孫繁栄 櫛田のぎなん」の袋まで‥‥。

3月12日の「豆なブログ」に、「もち吉」のお煎餅の缶にコレクションし始めた豆の写真を掲載したのですが、およそ5ヶ月を経過して、豆研究の度は増すばかり。もち吉缶には、とっくに入りきれなくなっています。
棚の引出しがいっぱいになる日も、そう遠くない?

これから月末には、それっぽく「棚卸し」でもしてみようかしら。1袋1,000円未満の豆は、資産には計上しない? そうですね。9割方、使いかけですもん。


昨晩の「レンズ豆ソテー 赤ワイン煮」は、自分で言うのもなんですが、おいしかったと思います。タマネギ、ベーコンを炒め、赤ワインを加えて沸騰させ、茹でたレンズ豆を入れて、ワインの水分がなくなるまで煮詰めました。
仕上げは、グランパ・和田さんに倣って「伯方の塩」で味を整えました。
和田さんレシピでは、これにもうひと味加わります。隠し味は、カ◯◯リキュール。この次は、ちゃんと買ってきてつくろう。

それにしても豆料理、食べてくれる人がいないと、つくる気力がわきません。

づんだあん活用報告

昨晩1通のメールが届きました。
「ずんだあんは食べてしまったのですか?? かなりの量でしたが・・・」

こたえ → すみません、あとちょっと冷蔵庫に残っています。あんこ500gは、さすがに多いですね。ちびちび食しています。いろいろ試してみたのですよ。どんなふうに食べるのがおいしいのかを。
仙台以外にお住まいの皆さ〜ん、参考にしてくださ〜い。

①づんだあん + 白玉だんご → 8月2日の「豆なブログ」をご覧ください。

②づんだあん + バニラアイス → づんだあんの粒感とアイスのひんやり感が良いですね。たぶんコンビニとかで売ってる「爽」だったら、氷の粒も入っているので、よりおいしいかも‥‥

③づんだあん + 厚切りトースト → こぼれるくらいたっぷりと、づんだあんを乗せて。とらやのあんペーストをのせたトーストみたいで◎です。

Dscn1431④づんだあん + くずきり

ちょっと固めに茹でたくずきりと、づんだあんは合うと思います。たぶん、あんをシロップなどでのばして、密みたいに絡めて食べると、よりおいしいのでは?

くずきりって、茹でる前は少し黄色みを帯びた半透明だったけど、熱湯で13分茹でたら薄いピンク色になりました。こんなの初めての経験です。


それと、づんだあんの袋に書かれていた「開封後は冷蔵庫で保存し、2日以内にご使用ください」は、用心期間だったことが判明。5日くらいは問題なく大丈夫ですよ。ただし、開封後は要冷蔵でお願いします。

以上、Nさんのための「づんだあん報告」でした。

予告☆枝豆入りスパニッシュオムレツ

ベランダ育ちのジャガイモが、チビっこく可愛く育っているのですよ。

Dscn1370目と鼻がジャガイモです。

大きさ比較のため、口に卵を置きました。ね、どれくらいチビっこいか、わかるでしょう? このジャガイモと豆を組み合わせた料理を‥‥ と思案しましたところ、思いつきましたよ。枝豆入りのスパニッシュオムレツ。

本当は、昨日届いたdancyu 9月号のP130に掲載されている「コーンと枝豆の卵焼き」をつくりたいと考えていたのですが、コーンと枝豆も入れて、ほかにタマネギみじん切りとジャガイモを入れたらスパニッシュオムレツになるのです。ふふ。

付け合わせは、この前、グランパの和田さんから教えていただいた「レンズ豆のソテー 赤ワイン煮」に挑戦してみようと思います(豆なブログ 7月27日の記 参照)。さすれば、今宵は「赤ワインで一杯」となるでしょう。
夏の夕暮れ、あなたは誰と愉しまれますか‥‥?

*dancyu 9月号の表2(表紙をめくったところ)に、見開きで「シーガルフォー」の広告が掲載されています。ちょっと自慢 wink

シーガルフォーがやって来た

20080804191501SEAGULL IV

またもや、写真の色が悪くてゴメンなさい。黄色い電球の下で撮影すると、どうも駄目です。

我が家に念願の浄水器が付きました。「シーガルフォー」といいます。たいてい何にでも名前をつけたがる性格の私としては、やはり名前をつけずにはおられません。

大好きな「カモメに飛ぶことを教えた猫」の本から、カモメの名前を調べてみますと、猫のゾルバに育てられたカモメの名前は「フォルトゥナータ」でした。いかん、こんな名前は明日になったら忘れそうです。

だったら、猫のゾルバに命がけで3つのお願いをした母さんカモメの名前は‥‥「ケンガー」う〜ん、これもねぇ、なんだかケンカっ早そう‥‥ しばし、考えますね。


シーガルフォーが何者かについて書かねばなりません。

たしか、その頃の私は26〜27歳でした。K.A 氏の事務所に押し掛けアルバイトをしていた頃、表参道の事務所に、シーガルフォーが取り付けられました。「飲んでみてください」と東京の水道からコップに注いだ水を、K.A 氏は無邪気に私に勧められました。水道水を飲むとすぐにおなかをこわす私でしたが、勧めを断れず‥‥シーガルフォーのお水は飲めたのです。
東京・表参道のお洒落な建物の一室に取付けられたシーガルフォーは、未来の憧れになりました。

シーガルフォーは、宇宙航空産業の国際規格AS9100を取得した製品で、身体に有害な細菌や化学物質だけを取り除き、ミネラルなどはそのままに水本来のおいしさを取りもどします。と説明書きに書かれています。

これまで、豆をもどす水、煮るときの水、その他の料理用、コーヒーやお茶などに、「もち吉」で汲んできた水を使っていました。これから、シーガルフォーが豆・豆料理研究家の新たな助っ人です。

まだ今のところ諸般の事情により、台所蛇口への取り付けがかなわず、シーガルフォーは洗面所に待機しています。ゆえに、私は洗面所で豆を洗ったり、お米を研いだりしています。。。

お母さんごっこ

Dscn1414甥っ子 11歳

小学校6年生の甥っ子を借りて、穀物屋 森光商店の親子料理教室に参加しました。今日のお題はピッツァ。4種類のピッツァを手づくりしました。ピザの台も自分たちでつくらせていただきました。

①サラダピザ(ベビーリーフとツナ、パプリカ、モッツァレラチーズ)
②ポテトピザ(ジャガイモ、ローズマリー)
③マルゲリータ(自家製トマトソース、モッツァレラチーズ)
④デザートピザ(ブルーベリー、ラズベリー?、シュガー、クリームチーズ、ハチミツ)

甥っ子は、自分でピザをつくって食べるのが初めて。私は、ピザは男の料理と思っているので、ひたすら助手に徹しました。1枚目、2枚目とつくるうちに、彼は上達していきます。子どもの成長は、こんなにも早いのか? と驚く伯母でした。


Dscn1415①サラダピザ

Dscn1416④デザートピザ

お持ち帰りをぜんぶ彼に持たせたのだけど、ホントはデザートピザをもっと食べたかったです。だって、今まで食べたことのない美味しさ。ピザというより、お菓子です。パリパリの上にアツアツのベリー。クリームチーズとハチミツがとろりんこ〜ん。

4種類のトッピングの組合わせは、いずれも「天晴れ!」と思いました。

きっと甥っ子は、夏休みの思い出に加えてくれることでしょう。
「豆なブログ」のくせに今日は全然、豆の話しではありませんで、ごめんなさいまし。

豆な朝ごはん

こう暑いと、やっぱり食べたくなるのがカレーです。
今日はなんとなく、お母さんチックなカレーが食べたくて、「ハウス ザ カリー」の辛口を買ってきました。いま、タマネギと牛肉を「別添ブイヨンペースト」で煮込みながら書いています。

あさ、暑すぎるのです。我が家は、よその3倍くらい暑い気がします。温室で蒸れてる感じです。起きてしばらくは、ボーッとして動くことができません(冬もそうです)。

エアコンを25℃にして、朝からのんびり豆スープをつくりました。

20080803104756白いお豆のスープ

タマネギを1cm角に切って、オリーブオイルでよく炒め、キツネ色になったら水を加えます。沸騰してきたら、豆とサイコロカットしたニンジンを入れて、しばらく20分くらい、もうしばらく、あと5分くらい煮込みました。

味はチキンスープと塩コショウ。あと、乾燥のパセリをどっさり加え、できあがりです。
差し入れにいただいた手づくりフォカッチャとともに、ブランチにいただきました。

あ、カレーが焦げたらいけないので、今日はこの辺で。ジャガイモやカボチャ、ニンジンなど野菜をたっぷり入れて、ストックの大豆も入れてみようかな‥‥ なんだか平和な日曜日でございます。

♪ずんだった、づんだった〜

朝から「きもの」のことばかり考えています。昨晩から読み始めた「石田節子のきものでおでかけ」という本が面白くて、スイスイ読んでいます。

夕方、きもの着方スクールを思い出して、一人お稽古をしました。
きものを着て、白い割烹着を着けて豆を煮るのが理想です。そのため(?)に、お稽古に励んでいます。


「づんだあん」かけ白玉団子をつくりました。
Dscn1403白玉粉(寒晒粉)200g 670円

白玉粉は、たいそう手間がかりな粉です。穀物屋さんの説明書きによると「もち米を精白、水洗い後、水につけてやわらかくした後、水と共にすりつぶし、水にさらして脱水し、できた固まりを削って乾燥したもの」とあります。冷めても固くならないのだとか。


Dscn1406ゆでる前の白玉

白玉粉100gに水90ccを加えて混ぜ、丸めます。白い円盤形にしたのは、づんだあんをたっぷり乗せて食べるため。
沸騰したお湯に入れて、少しして浮いてきたら茹で上がり。氷水にとって、冷たくします。


Dscn1407づんだあん500g 送料込672円

えだ豆の粒がたっぷり残っています。
粒つぶして、ザラッとした舌ざわりがたまりません。
私にはちょっとだけ甘いかな? 仙台で食べたときより甘く感じるのは、仙台では真冬に食べたため甘さが締まっていたからでしょうか? 福岡は真夏で、味が開いているから?


Dscn1412
と、いろいろ申しておりますが、しあわせです。ずんだもち。
づんだあんの粒感と白玉のツルっと感、よく合いますね。
白玉1、2、3、4、‥‥14個がおなかの中へ。


さて、残りの「づんだあん」は、明日中に食べてしまわねばなりません。
あと380gくらいあります。明日は何にしようかな‥‥?

づんだあん

あまりにも哀しい事実と対峙するにあたって、文字を書くのがこわかったのです。書くことで気持ちの整理をつけようと思うのだけど、書き始めたら泣き言にしかならない気がして、ひと呼吸おきました。「豆なブログ」には、脳天気に朗らかなワタシじゃないと似合いません。だって、豆なブログなんだもの。


今年の一月、仙台を旅しました。そこで、前からなんとなく知っていた「ずんだ餅」に、はまってしまいました。緑色の豆の粒ツブ感が残るあんこをまとった、餅というより団子です。おいしいの。ホントに♥
あれ以来、ずんだ餅は私のスペシャル・フードの仲間入り。

Dscn1375もちづきの づんだあん

ふふふ。見つけたのですよ。「づんだあん」すごいでしょう。500gびっしり、ずんだ餅のあのアンコです。仙台の望月製●(食べるに稲の右側)所さんでつくられたものです。

原材料は、えだ豆(大豆)、砂糖、水飴、食塩、その他‥‥

入手したのは既に数日前なのですが、難点が一つ。
「開封後は冷蔵庫で保存し、2日以内にご使用ください」と書かれているんです。。。「以内」とは、開けた次の日には食べてしまいましょう。という意味ですよね? 食べ切れないことはないと思うのだけど、どう料理するかを迷い中。

①オーソドックスに、白玉団子に添える。
②バニラアイスに添える。
③かき氷に、どっさりのせる。  かき氷器は未だない。

以上の3つしか思い浮かばないのですよ。。。 どなた様も、づんだあんの良い使い道をご存知でしたら、教えてください。食べに来ても、いいですヨ。

あぁ、そうそう。今宵は大濠の花火大会です。ここから徒歩5分もあれば、現地入り可能。しかし、人が多過ぎるため、近づく気にはなりません。マンション渡り廊下にて、今年も楽しませていただきます。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »