« 博多山笠あんぱん | トップページ | ささやかな贅沢 »

豆の国際結婚

20080714211648黒豆とパンチェッタ、玉ネギのトマト煮込み

冷蔵庫にある使いかけのトマトソースとパンチェッタ(ベーコンの塊)を使い切ろうと思い立ったメニューです。黒豆はとりあえず茹でてストックしていた「北海道産黒大豆・祝黒」を使いました。

「祝黒」という黒豆は、お正月の煮豆にも使える煮くずれしにくい豆です。水に浸すと、乾燥状態の3倍くらいに大きくなります。私は常々、「甘く炊く煮豆」以外の豆料理をつくろうと試みているので、この組合わせも「イケル」と思ってつくってみました。

ところが、な〜んかちぐはぐ。つくってすぐで、味がよく滲みていなかったせいもあるのかもしれません。豆がねっとりとおいしすぎて、トマトソースからはみ出した感じがするのです。う〜ん‥‥

「世界平和のためにも、国際結婚がじゃんじゃん増えればいい」と時おり口にしている私ですが、黒豆の合わせに関しては、洋物の黒豆でやったほうが良かったのかもしれません。買ったまま封を切っていないNYの黒豆を使って、試しにまた同じ組み合わせの煮込みをしてみようと思います。

*今日は一日中、考える仕事に集中していたので脳がヘトヘト。南瓜と豚挽き肉の煮物をしながら書いています。そう言えば、肉じゃがも久しくつくっていないなぁ‥‥

« 博多山笠あんぱん | トップページ | ささやかな贅沢 »

たまには専門的な話を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/22316040

この記事へのトラックバック一覧です: 豆の国際結婚:

« 博多山笠あんぱん | トップページ | ささやかな贅沢 »