« 奇跡の一皿 | トップページ | ラタトゥユの分量 »

ラタトゥユには青平豆を

20080703211603いつもの「花まるマーケット」でやってた「ラタトゥユ」を自分流にアレンジしました。

あまりにも簡単なので、よかったら、皆さんもつくってみてください。この料理でタイヘンなのは、野菜を切ることです。切ると言っても難しい切り方ではありませんから、ストレス解消や脳の活性化に良いでしょう。これなら、ビギナーもOKね。

<材料>
ズッキーニ、なす、パプリカ(又は赤ピーマン)、玉ネギ、トマト、合い挽肉、青平豆(たぶん枝豆で代用可)、オリーブオイル、塩、コショウ、月桂樹、ハーブ系の香辛料
分量はすべて“カン”

<つくり方>
①青平豆を水にもどして茹でておく。枝豆をゆでてサヤからむいて使ってもOK
②野菜を切る。すべて細長く。トマトだけ、ざく切り。
③鍋にオリーブオイルを入れ玉ネギを炒め、挽肉を加えてさらに炒め、かための野菜から順に入れて、最後にトマトを加える。
④月桂樹の葉を加え、短時間ぐつぐつ煮込む。10〜15分くらいでいいでしょう。かたさはお好みで。
⑤塩、コショウ、その辺にあるハーブ系の香辛料(私はパプリカ、セージ、チリパウダーなどを入れました)を、好みでテキトーにふりかける。
⑥青平豆か枝豆を飾るようにトッピング。 以上。

ラタトゥユで、ビールがぐいぐい進みました。「花まる」説によると、フランスパンにのせたり、パスタのトッピングにしたり、温かくても冷めてもおいしい料理だそうです。

写真にあるラタトゥユの向こうに見えるのは、クスクスです。少量のコンソメで茹でました。


ラタトゥユも確か、外国では「ママの味」的料理なんですよ。日本で言う「肉じゃが」「カレー」「出汁巻き」みたいな感覚でしょうか。さ〜て、今宵の晩ごはんは‥‥

« 奇跡の一皿 | トップページ | ラタトゥユの分量 »

たまには専門的な話を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/22073101

この記事へのトラックバック一覧です: ラタトゥユには青平豆を:

« 奇跡の一皿 | トップページ | ラタトゥユの分量 »