« 昨日のこと、明日のこと | トップページ | 男の美学は羊羹にあり »

今まで食べた中で

チリコンカンをつくりました。

◎材料は、レッドキドニー、国産牛肉、紫タマネギ、ホールトマト缶詰、ケチャップ、オリーブオイル、大吟醸(酒)、醤油、塩、コショウ、オレガノ、チリペッパー、パプリカ、クミン、パセリ、唐辛子ミックス

◎気をつけたことは、
キドニー豆が煮くずれしないように別茹でにして、煮込みの途中に加え、少し煮てから火を止めました。「味は冷める時にしみ込む」は、確か「たらまんの俊徳ちゃん」の教えだったと思います。

前回ケチャップだけだったけど、今回は松田美智子さんのレシピどおりホールトマトの缶詰を使いました。指定量450gを250gにしため、気持ち分だけケチャップを足しました。「幾つもの材料が合わさることで、味に深みが出る」は、確かラーメン屋の河原さんが言ってたことです。

タマネギを紫タマネギにすることで、赤みを強くしようと思いました。
「レッドキドニーのキドニーは腎臓という意味です。色と形が似ていることから、その名がついたそうです」。間借りコラム(1号室)の大家さんに聞いた話しです。キドニーのゆで汁は、金時豆のゆで汁みたいに色がつきます。それも、チリコンカンを染める色になっています。

目標とする赤は、赤黒い赤でした。出来上がりは、トマトたっぷり感のあるアカ。醤油や日本酒を使ったのは、日本人の口に合う味にしたかったから。

「今まで食べた中で、いちばんおいしかった」と、そんな褒め言葉がいただけたら、天にも昇るよろこびで、いっそう料理の励みとなります。

あなたは、あなたの大切な方がつくってくれた料理を、ちゃんと味わって食べていますか?
「いただきます」「おいしい」「ありがとう」「ごちそうさま」「またつくってね」、何気ないひと言が料理の腕前を上げさせる最良のクスリ。そう思います。


*トピックス 「白鳥枝豆」は芽がでません。とうとう泥にチビキノコがはえてきました。うーーー
手の届かないものを欲しがるのはヤメにして、今日、オーストラリアの緑豆を植えてみました。今度こそ、ご縁が結ばれますように‥‥

« 昨日のこと、明日のこと | トップページ | 男の美学は羊羹にあり »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

あらら、心臓ではなく腎臓でしたっけ? すみません、さっそく
修正しました。
それと、治療費を払うのに、お財布を忘れていて失礼しました。
今度また払いに行きます。

キドニーは心臓(しんぞう)ではなく、腎臓(じんぞう)で、濁点が抜けていますよ。私の発音が悪かったのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/21644054

この記事へのトラックバック一覧です: 今まで食べた中で:

« 昨日のこと、明日のこと | トップページ | 男の美学は羊羹にあり »