« 今まで食べた中で | トップページ | カリッと枝豆 »

男の美学は羊羹にあり

昨日は父の日だったから、あわてて父に羊羹を送りました。存在感薄し父の日。ごめ〜ん。明日か明後日には届くでしょう。

で、せっかくなので便乗して自分のも‥‥豆の研究です!
Dscn1282
大好きな虎屋の羊羹に、新商品が登場していました。蜂蜜入羊羹「はちみつ」です。
写真では真ん中の黄土煉瓦色みたいな箱がそれ。虎屋の羊羹の利き羊羹ができる私としては、味を知らぬわけには参りません。さっそく‥‥

「クローバー蜂蜜の風味ゆたかな煉羊羹です。こくのある甘みと上品な香りをお楽しみください」と書かれています。材料は砂糖.蜂蜜・豆類(白小豆、福白金時、手亡)・寒天。この「福白金時」とは私にとって、初モノです。どこで売っているんだろう‥‥

食べきりサイズの1箱1本は50gで、「はちみつ」の場合143kcal、ごはん1膳よりちょっとライト。
いま食べたいのだけど、所用を済ませてから「いただきます」。

チチが羊羹を食べるようになったのは、60代も半ば以降のことです。大工のチチは酒飲みで、醤油たっぷり、コショウどっさりの人で、甘いものなんておよそ口にしませんでした。
大工という仕事は、外仕事、力仕事ですから、とても汗をかくのです。だから濃い味、塩分をたくさん欲したのは必然のこと。大工を引退して、野菜をつくるようになった頃から羊羹の味がわかるようになったのかも‥‥

若くして羊羹の味がわかる男性は別として、男の美学は「羊羹の味を語れるようになること」かもしれません。いえ、チチが羊羹の味を語ることはありません。フンパツして虎屋にしたことすら気付かないでしょう‥‥。

« 今まで食べた中で | トップページ | カリッと枝豆 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

ふみこ先生、こんにちは。
しっかりしたお考えの立派な息子さんを持たれて、お幸せですね。
本当はお嫁さんは、父の日、母の日に贈り物をしたいと思われて
いるかもしれません。しかし、ご主人である息子さんのお考えを
立てて、なにも贈ってこられない。ご夫婦円満なのですね。

私はお祭り女なので、商売人の考え出したイベント事や記念日が
大好きです。どちらかと言えば、その仕掛ける側に近いかも‥‥
息子さんに怒られそうですね・笑

やっぱり娘を持っておくべきでした。
ちゃんと父の日のプレゼントが届けられるのですもの。お父さんがさぞ喜ばれることでしょう。私の家は長男が「父の日・母の日は商売人が考え出したことだから乗せられたくない。その代り誕生日には忘れずにプレゼントを贈るからね。」と、言って父の日・母の日はメールで「いつもいろいろと気遣いありがとう」と、書き送るだけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/21665308

この記事へのトラックバック一覧です: 男の美学は羊羹にあり:

« 今まで食べた中で | トップページ | カリッと枝豆 »