« ゴーヤと沖縄化計画 | トップページ | 六本松へ、ようこそ »

日豪友好通商条約・的事件

みなさまにご報告すべき出来事が、マメ・マメ・ラボラトリーに起きてしまいました。
梅雨だというのに、雨ばかり続いて陽がさすこともなかったのに、ナント、この前まいたタネがついに芽を出しました。

Dscn1290
たぶんこれは、オーストラリア産 緑豆だと思います。植えた位置からすると、このへんは白鳥枝豆ではないと思います。ひとつ、ふたつ、みっつ、芽が出ています。

1〜2ヶ月前、カバンのポケットを整理しながら、「アンタにお土産たい」と、S社長が渡してくださったオーストラリア産 緑豆。ふっふ、まさか植えたとは、まさかそれが芽を出したとは、S社長も思われますまい。

このままナイショにして、花が咲いて実を結んだら、黒い鞘を10本ばかり持参して、「社長、これ、前にいただいたお土産の子孫です!」な〜んて言いながら、驚かせてやりましょう。

S社長は、とってもお洒落さんで、料理のできる男です。しゃべると方言丸出しだけど、そこがまた良いのです。S社長は私の苦手な牛タンを、かつて私にごちそうしてくださいました。その牛タンは、今まで食べた中で、唯一「おいしい」と思った牛タンでした。
オーストラリアの緑豆で驚かせる日が楽しみです。

« ゴーヤと沖縄化計画 | トップページ | 六本松へ、ようこそ »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

すみません、仰々しいタイトルをつけて‥‥。
たぶん、タネって、持ち出し禁止なのですよ。
税関で見つかったら没収かもしれません。
法の目をくぐって、私のところへやって来たタネ、
実を結ぶ日まで愛情こめて育てます。

日豪友好通商条約・的事件などというすごいタイトルなので何が起こったかとびっくりしましたよ。蒔いたことさえ忘れていたものが芽を出した時の感動って、そのくらい大きいってことですよね。これからすくすく生長してりっぱな実をつけ、S社長さんが驚き喜ばれる日が必ず訪れますように!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/21790086

この記事へのトラックバック一覧です: 日豪友好通商条約・的事件:

« ゴーヤと沖縄化計画 | トップページ | 六本松へ、ようこそ »