« アメリカみやげ | トップページ | ワシントンD.C. → NY »

TOKYO〜D.C.

もうずいぶん料理をしていないイライラで、ちょっとさっき帰って晩ごはんをつくりました。
「空豆とベーコンのカルボナーラ/ショートパスタ」と「ホタルいかのマリネ」。夕方の百貨店って、意外にいいです。お買い得野菜がいっぱいでした。
博多 大丸B2にて、空豆16本入り399円。旬になり、空豆がずいぶん買いやすくなりました。1本に3粒、大きな豆をふわふわのクッションから取り出して茹で、あとでベーコンやパスタとあえてカルボナーラに‥‥するはずが、まるで洋風卵とじみたいになってしまいました。とほほ。ゆえに写真ナシ。

さて、紹介できずにいた諸々の写真を何日かかけて出していきますね。
まずは東京・六本木「TORAYA CAFE」の季節限定メニュー。
080512_192444_m
左のグラスは、こしあんと葛のムース。ラズベリーと生クリームが乗っています。
こしあんと葛って、こんなにさっぱりとろけ合うんですね。TORAYA CAFE の生クリームは、注文が入ってから泡立てているそうです。だからあんなにおいしかったのね。

手前のシロップはチョコレートソースです。かけなくても充分いいのですが、このシロップが実はグラスのラズベリーを、より引立てるのです。

右のグラスに「ぽんぽこりん」と入っているのは、和テイストのアイスクリーム。下から、きな粉とシナモン、フォンダンアイス、和三盆糖と黒糖のアイス。チョコレートサブレが添えられています。
とらやのアイスですよ。きな粉とシナモンのつーんとした味わい。和三盆糖と黒糖の冷たく濃縮された甘さ。グラスが空になる頃には、もう、顔がゆるみっ放しです。

ごめんなさいね。名前を記録していませんでした。お値段は、確か1,500円とか1,800円とか付いていたように思います。TORAYA CAFE は、六本木ヒルズ付近と表参道ヒルズ内にあります。あのエリアを毛嫌いする御仁も、レディに頼まれたら大人しく同伴されることをおすすめします。

翌日は早朝から成田エキスプレス、ANAを乗り継いで単身D.C.へ。重要な用事のあとに、ユニオン駅地下のマーケットを物色し、晩ごはんに選んだのは‥‥やっぱり豆でした。ひよこ豆の入ったサラダとトマトスープ、窯焼きパン。思えばここからが、アメリカ食の始まりだったのね。

200805131957000
本場のガルバンゾーは、ほど良い茹で加減。クリームドレッシングが、私にはヘビーでした。トマトスープの嘘っぽい味と濃厚さが、私にはどうもいただけません。このスープ、後にもまた登場します。

« アメリカみやげ | トップページ | ワシントンD.C. → NY »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

豆は世界共通、ってすごくイイですね。
世界のあちこちでつくられる豆を日本で買うことができる、
ありがたいことです。NYでも、既知の豆をたくさん見かけました。
そうそう「ジャックと豆の木」という植物を、かつて育てたことが
あります。ベランダ育ちは、天に届くに至りませんでした。

豆は、世界共通なのですね。
しかし、なんとなくあちらさんの豆は大きいような気がするのですけれど?
ジャックと豆 のきを創造するからでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/21103826

この記事へのトラックバック一覧です: TOKYO〜D.C.:

« アメリカみやげ | トップページ | ワシントンD.C. → NY »