« ダレス空港 無事通過 | トップページ | 日本語が話せる喜びと共に »

金時と小豆の中間

お昼過ぎにダレス空港で食べたソフトタコスと、晩ごはんにマンハッタンの行きずりのレストランで食べたプレートディナー。
偶然にも同じ豆が使われていたのですよ。金時豆と小豆の中間くらいのサイズ、色はそのもの。
どちらも最初だけ、ちょいピリッ、あとは単調な、のっぺりとした味わい。
豆を見るとうれしいけど、繊細さで言うと日本のほうが勝っていると痛感。

晩ごはんの付きだしで出たトルティーヤは、パクチーを刻んで混ぜたディップをすくいながら、コロナ・ライトと合わせました。

明日こそ、皆さんから出発前にいただいた「おいしいお店」 に行ってみます。

« ダレス空港 無事通過 | トップページ | 日本語が話せる喜びと共に »

たまには専門的な話を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/20966406

この記事へのトラックバック一覧です: 金時と小豆の中間:

« ダレス空港 無事通過 | トップページ | 日本語が話せる喜びと共に »